共通テストがうまくいった君へ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 1月 23日 共通テストがうまくいった君へ

こんにちは!

 

まずは共通テストお疲れ様でした。

今年は初年度ということで形式が読みずらい中、本当によく頑張りました。

今日は共通テストがうまくいった生徒向けにブログを書きます!ぜひ最後まで読んでください。

いきなりですが

共通テストがうまくいって気持ちが以前より入らなくてなった

なんて状況に陥っていませんか?

正直に言います。このままでは絶対に第1志望校には受かりません。。

共通テストは全受験生が同じ日に受けるテストなので、その性質上周りも盛り上がり当然気持ちも上がります。

しかし2次はそうはいきません。もう一度なぜこの大学に行きたいのか、しっかりと考えて気持ちを切り替えてください。

なぜここまで強く言うかというと、私自身センター試験がうまくいき、その後気持ちが入りにくい期間を過ごしてしまったからです。

ある程度の大学はセンター利用で合格がきまり、ホッと一息ついた瞬間に受験の厳しさにあたりました。

今考えるとなぜあの数週間頑張れなかったのか、悔いても悔いきれない思いがあります。

しかし悔いるだけでは私の仕事が務まらないため、自分なりに分析した”共通テスト成功後の落とし穴”について記載します。

・全員が明確な日程に足並みそろえていける共通テストと違い2次は一人で気持ちを上げなければいけない。

・共通テストはたかが”基礎問題”の集まり。2次では取れて当たり前の範囲な上、2次では”応用問談”も多くでる。

・”浪人”という今まで肩に乗っていた重りが取れ安心してしまう。

この3つに翻弄され、あと一歩で夢の第1志望合格を取り逃してしまうようなことには絶対にならないでください。

幸い、共通テストがうまくいったということは基礎がしっかりできているという証拠です。

あとは残りの時間を使ってどう応用問題、大学別の傾向に慣れていくかが重要なので寒い日が続きますが、最後の最後まで毎日登校をしましょう!

 

 

 

 

 

必ず第1志望に受かってください。

 

 

最新記事一覧

過去の記事