共通テストまでの過ごし方 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 17日 共通テストまでの過ごし方

みなさんこんにちは、最近ダンスの楽しさに改めて気づいた西村です。サークルモチベが再びでできて、深夜練などを日々頑張っています。

さて、気づけば共通テストまで100日を切ってしまいましたね、時間の流れの速さを感じるとともになぜか生徒時代より緊張しています(笑)

これからの想像がつかないというみなさんに向けて、今回は共通テストまでの過ごし方を西村なりに解説していきたいと思います。

第1フェーズ

11月頭にある全国統一高校生テストまでは秒ですぎます。ここの時期までにいかに勉強を積めるかが勝負です。学校行事も終わり寒くなってくるとともに周りも焦ってきて、受験ムードが一気に高まります。基礎がおろそかになっている人は重点的に見直せる最後のチャンスです。個人的には単ジャン・過去問などの演習に加えて、日本史・世界史、英単語、古文単語などの基礎を改めて見直すのをおすすめします。

第2フェーズ

全国統一高校生テストが終わってからクリスマスごろまでは本当に長いです。先に言っておくと病みます、いろいろな誘惑にも負けやすくなりますし、目の前から逃げ出したくもなります。自分も今までほぼ毎日東進に来ていたのが週4,5回登校になりました。ここで1番大事なのは周りと比べないことです。今まで自分は積み上げてきたんだと暗示をかけて、できていない自分を周りと比べるのではなく、1日の最低限、本当の最低限のタスクをこなせたかどうかを日々確認していきましょう。キャパりすぎて自分の状態が見えなくなるのが1番の問題です。自分を客観視することを意識できるといいと思います。

第3フェーズ

クリスマスから共通テストまでは再び秒になります。焦りの境地みたいな状態にたどり着きます。学校もなくなり、知っている人と会えないので不安が増殖するときもあると思います。そんなときにおすすめなのが場所を変えて勉強することです。例えば午前中は学校で友達と勉強して安心感を感じて、午後からは東進で頑張ろうといった感じです。演習量も大事ですが、この時期はメンタルケアも非常に重要になってきています。いろいろ悩むことはあると思いますが、友達などに相談して一人で抱え込み過ぎないようにしましょう。

これからも大変になると思いますが、泣いても笑ってもあと少しです。一日一日できる最大限の努力をしていきましょう!

 

 

最新記事一覧

過去の記事