勉強をする意味 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 5月 21日 勉強をする意味

こんにちは!担任助手1年の小塩です。

毎日忙しいですが大学にも慣れて楽しく過ごしています!

大学の授業を受けていて、高校までの勉強って大学で勉強するにあたって大事なことだなぁと感じます。

社会学や文学の授業では社会科系の知識がないと困ることになります。現に日本史選択だった私は世界史の知識がないのでかなり困ることがあります…

経済学は文系の科目ですが数学の知識が必要です。

英語は言うまでも無くすごく大事!!大学でも英語の授業はあるし、英語で行われる授業もあります。それに加えて第2外国語の授業もあります。

たまに生徒と話していても「数学って実際意味なくないですか」とか、社会科目も「覚えて何になるんだろう」という人がいます。確かに高校生のとき私も思うことがあったし、誰もが少なからず思ったことがあるのではないでしょうか。

でも、それは大学で勉強したいと思っているなら、この先役に立つ知識だらけです!!それに、世の中のことをたくさん知っている方が人生楽しくなると思いませんか?

中間テストが始まっている人や、もう少しで始まる人もいると思いますが、是非受験科目以外の科目でもちょっと頑張ってみてください!その知識は無駄になることは無いはずです!!

受験勉強でやったことも必ず無駄にはなりません!勉強をする意味がわからなくなってモチベーションが下がることもあるかと思いますが、勉強をする意味は必ずあると思うので頑張ってください!!