単元ジャンル別の使い方 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 10月 24日 単元ジャンル別の使い方

皆さんこんにちは!

担任助手の西澤です。

はやいものでもうすぐ11月ですね。

そろそろ衣替えの時期ですね。皆さんそうですが、特に高3生の皆さんは朝や夜は寒くなていくので、しっかりと防寒をしましょう。

さて、本題に入りますと、今回は単元ジャンル別演習の使い方についてです。

皆さん、単元ジャンル別演習を使えていますか?

そろそろ過去問10年分終わった人もいると思います。

(終わってない人ははやめにおわらせましょう)

過去問一週目後の演習量を確保するためにも、

単元ジャンル別演習を取っている人は、確実につかえるようにしておきましょう!

 

単元ジャンル別演習は合格設計図の打ち込みをきちんとしていること、センター演習or過去問演習を一定量行っている事が条件で使う事ができます。

もし使えないという人は担任の人あるいは担任助手の人に相談してみてください。

使い方ですが、まずは提示されたレベルの問題をこなすようにしましょう。

それらをこなした上で、+αとして、苦手なジャンルの問題を解くのがおすすめです。

模試や過去問で苦手と分かったジャンルの問題は単元ジャンル別演習を使って徹底的に対S買うしましょう!!!

ちなみに僕自身は数学の記述練習に使っていました。とても使えるツールです。

全ての問題を解き切る勢いでぜひ解いてみてください!!

具体的な使い方は分からなくなったら受付の担任、担任助手に声をかけて下さい!!