受験は誰でも怖い | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 12月 4日 受験は誰でも怖い

こんにちは!担任助手1年の樋口蒼太朗です。
最近、急激に気温が下がって気分が下がりがちになりますがお互い頑張りましょう!!

さて、共通テストまで42日となりました。皆さんは過去問がとてつもなく少ない共通テストを前にして不安に思っているでしょう。そこで今日は少しでも不安を取り除けたらと思います!

柔道界の星、大野翔平選手の話をさせてください。皆さんも知っていると思いますが、大野選手は前回のリオデジャネイロオリンピックに続いて2020東京オリンピックも優勝し、2連覇を達成した選手です。同階級には敵無しの状態で日本の柔道界を引っ張っている選手です。

そんな大野選手ですが、東京オリンピックの決勝戦が終わった直後に涙を流しました。
この涙には、いろんな思いが詰まっていたと思いますが、「恐怖からの解放」もその一つでした。

決勝戦が終わった直後、コーチのもとに行き、「怖かった」といったそうです。

びっくりしませんか?あの最強の選手が怖いという言葉を口にしたんです。
柔道はどんなに実力差があっても、少し足を滑らせただけで負けてしまう競技です。
大野選手は周りからの「優勝して当然」というプレッシャーを含め、敗北に恐怖を感じていたのです。

私はこの話を聞いて、驚くと同時に、どんなに強い人でも弱い部分はあるんだと少し自身がつきました。

今の皆さんも似た状況に置かれていると思います。どんなに勉強を頑張って成績を上げても、本番に少し失敗すれば合格点に達しない可能性があります。
ですが、これはあなた以外の受験生も同じ状況です。

いわば学力最強の大野選手でも恐れるでしょう。

不安に思う気持ちは十分にわかりますが、今は本番に向けて最大限の努力をしていきましょう!!!