受験校決定にむけて | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 8月 28日 受験校決定にむけて

みなさんこんにちは、担任助手の宮下です!

なんと早いことに8月も残すところ3日になりました。

「この間夏休み始まったばかりなのに…」と思う人も多いのではないでしょうか。

少し長いようで一瞬で過ぎてしまった夏休みももう終わりですね。

 

ところで夏休みが終わると高校3年生は、

本格的に受験校決定の時期に入ります。

先日東進で実施された、8月センター試験本番レベル模試を受験した生徒のみなさん。

自分が思うような結果を出せましたか?

うまくいった人も、うまくいかなかった人も

今回の模試を通じて学んだことをしっかりと次の勉強へとつなげてください。

そして、これからはこの8月の模試の結果を中心に

受験校をある程度決めていく流れになります。

 

ここからは受験校決定のポイントについて簡単にお話します。

まず受験校を設定するとき、以下3つの層に分けて考えます。

 

チャレンジ校(何が何でもどうしても行きたい/受験したい大学)

実力相応校(自分の成績に見合ったレベルの大学)

安全校(目安として約90%合格できると思われる大学)

 

どの層の大学をどのくらい・どのように受験するかは人それぞれですが、

年々受験の難化が進み合格をもらうことが厳しい傾向にあるので、

下の層になるほど手厚く受験をすることをオススメします。

万が一のことを想定して、安全校いわゆる、おさえと呼ばれる大学をしっかり固めることが

何よりも大切です。

受験校を決定する時、どうしても第一志望校や第二志望校に時間をかけていまいがちですが、

安全校の決定を丁寧に、見落とさないようにしましょう。

 

また受験科目配点試験方式にも目をむけて、

無駄なく少しでも自分にとって有利でやりやすい受験ができるように工夫することも大切。

受験大学や学部によって配点が大きく異なってくるので要注意です。

 

また大学受験においては様々な受験スタイルがあります。

私立大学の一般入試(推薦入試以外)では、

センター試験の結果を利用できる「センター利用方式」や

一度の受験で同じ大学のいくつかの学科に同時に出願できる「全学部方式」等様々です。

 

そして大学受験は非常にお金がかかり、一般入試で1つ出願をするだけでも平均して

センター利用方式:約15000円

国公立大学:約17000円

私立大学:約35000円

(医療系や音楽系の大学:約40000円かかることも

という額なので、金銭的な面でも賢く受験をしたいですね。

ちなみに私立文系志望だった私の場合は、出願のみで約30万円かかりました…

 

受験校決定にむけていくつかポイントをお伝えしましたが

まずは入試の知識を増やすためにも、志望大学の学部研究をしてみてください。

志望校を早く決めることで、その大学に特化した勉強が少しでも早く始められ、

合格へより近づくことができます。

受験本番まで約4ヶ月あまり、気持ちを入れ替えて頑張りましょう!!