基礎力、大丈夫ですか? | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 14日 基礎力、大丈夫ですか?

こんにちは!東進ハイスクール吉祥寺校の樋口です!

 

実は、私は将来の夢の一つとしてフランス語を勉強してパリで美味しいお店に行くというものがあります。急にフランスに行くことになったときのためにいまのうちからフランス語も勉強したいと思います!

 

それはさておき、高速基礎マスターを完全修得しないままにしてしまっている人いませんか?

高速基礎マスターとは、基礎力を固めるコンテンツのことです。英単語や英熟語、英文法、数学計算演習などを主に使っている方が多いです。以下、英語を例にして話を進めます。


英語に関しては、本でただ見るよりもその場で発音も聞けるので、リスニングにも役立つはずです。


また、アプリから使用すると、My単語機能を使うことができます。これは気になる単語に自分でチェックをつけることができる機能です。

一度全ての単語を1ステージ目から全ておさらいし、意味がきちんと身についていないものにMy単語としてチェックをつけて、その後確認することもできます。

 

 

ではそもそも高速基礎マスターをしっかりと活用しないといけない理由はなんでしょうか?

それはもちろん基礎力を固めるためです。

正直、塾や学校で授業を受けているだけでは知ることのない英単語、英熟語、英文法が試験においてはたくさん使われます。そのため、授業で出てきたものだけを覚えても英語の長文は正確に読めないことも多いです。

特にセンター試験から共通テストへと変わり、読解力が問われる中で英単語、英熟語、英文法のどこかしらに穴があいている状態だと、英語長文が読めないの無理はありません。
自分は全部完璧だと思っていても、今一度マスターを全範囲見てみてください。意外なところに自分の弱点があり、それが原因でいままで英語が伸び悩んでいたかもしれません。

英語は積み重ねの科目です。

土台がかたまっていないかぎり、どれだけ難しい長文の解説を聞き、授業で扱ったその文章だけ読めるようになったとしても、ほかの文章には立ち向かえません。

たとえば、あなたが共通テストで5割とれていない状態だったときに、急に東大の過去問を解いてもわからないですよね。

解説されても理解できないかもしれません。それは、一番の基礎の部分が固まり切っていないからです。

 

過去の生徒を見ていても、英語で伸び悩んでいる生徒は大体の場合マスターで英文法や英熟語にしばらく触れておらず、意外なところが抜け落ちています。

通常、英単語、英熟語、英文法全てを完璧にしてやっと英語の点数が伸び始めます。
英単語も少しやった程度ではなかなか模試の点数は伸びません。一部しか覚えていないと模試の点数にはほとんど繋がらないです。

英単語は1800を完全修得するだけで終わりにしていませんか?

実際、完全修得しても結構忘れている部分も多いのではないでしょうか。きちんとすべてを覚え切ってはじめて点数につながります。
そして英単語だけではなく、英熟語、英文法もすべて完全に覚え切ることでやっと模試の点数が上がってくることと思います。

 

それをやっても上がらなかったらまた別の問題ですね。

しかし、もし別の問題が出てきたということであればそれは基礎力が身についていないという第一段階を突破したということなのでぜひポジティブにとらえてください!別の問題をどう解決したらいいのかわからなかったら、ぜひ担当のスタッフにも相談してみてください。

 

ちなみに、これらは数学なども一緒です。
基礎が固まっていなければ点数が伸び悩むのも当たり前です。ずっと伸びない科目があれば、応用レベルを学ぶことの他に基礎が固まり切っているかどうか、自分を過信せずにもう一度確認してください。

何事も土台を固めることが1番大切です!

 

 

最新記事一覧

過去の記事