夢がないこと=素晴らしいこと | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 12月 26日 夢がないこと=素晴らしいこと

 

 

こんにちは!!担任助手1年の浅井です(^^)//

寒くなると、あったかい部屋寒い部屋関係なしにみかんが食べたくなるのなんなんでしょうね!?

毎日3つコンスタントに食べています…!!ビタミンだからカロリーゼロ!!!ってね。

 

 

 

みなさんには夢がありますか?

私には夢がありません。

まったくないといえば嘘なのですが、どんな職業に就きたいとかそういう明確な目標がないんです。

でもそのことを焦ったりは全くしていなくて、むしろ誇りに思っています。

 

夢がないこと=自分の可能性の上限がないこと

 

だと私は思っています。

私が慕う高校の体育の先生は自分の夢を「世界平和」と言っていました。

 

夢を持つとしたらそれくらい大きな夢を持ちたいものです。

なりたい職業、なりたい自分の理想像…

どれもとても素敵な夢です。でも、もしかしたらそれはすぐに叶ってしまうものかもしれません。

 

 

 

夢と目標は違います。今みなさんはなぜ勉強しているのでしょうか。

 

:将来実現させたいと思っていること

目標:生体の行う行動が目指している最終的な結果

 

これは、webの辞書定義されていた夢と目標です。少し難しい定義ですが、夢があって、それを実現するために目標があります。

どんな夢を持っていたとしても、それに向かってコツコツと目標を達成することが夢を追い求めるということなのではないでしょうか。

 

夢を持つことはとても素晴らしいことです。

でも夢を持たないこともとても素晴らしいことです。

自分の限界を作らずに、まずは目の前の目標をこなしていきませんか?

もしかしたらそれが夢を追い求めているということなのかもしれません。

 

 

 

受験生の皆さん、いよいよセンター試験まで1か月を切り、焦ってきている人、早く終われと願う人いるのではないでしょうか。

高12の皆さん、同日までの目標は達成できそうでしょうか。冬休み暖房の部屋でず~~~っとごろごろしていませんか?

 

最後までしっかり勉強をし、今までの自分の頑張りを胸に自信をもって挑んできてください!!