大学で何を勉強する? | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 9月 2日 大学で何を勉強する?

あっという間に8月が終わり9月になりましたね!担任助手1年の樋口です。いきなり気温が下がり体調を崩しやすくなるので健康に気を付けて生活してください。私事ですが先日、大学の成績発表がありました。無事、すべての単位を取得(フル単と言います)することが出来てほっとしているところです。これから授業が難しくなっていくので引き続き頑張ります。

さて、私は早稲田大学の社会環境工学科というところで、都市計画を勉強しています。いわゆる土木分野です。まだ授業では専門的な講義は少なく、数学や力学(ものすごく難しいです)など基礎的な勉強を主にやっています。これから専門的な知識を詰め込もうというところなのですが、あることに危機感を感じていました。それは、専攻している土木分野についての知識が圧倒的に足りないということです。そこで、いろいろな大学の土木を専攻している人が集まる団体に所属しこちらでも勉強をしています。

この団体で1週間ほど前にイベントを開催しました。もちろんオンライン開催ですが、社会人の方6名をお呼びして、約20名の学生の質問に答えて頂くというものでした。そこでの社会人の方のお話はどれも興味深かったのですが、私にとって同年代の方と話したことがさらに刺激的でした。そこで感じたのが土木に対する熱量が圧倒的に違うということでした。私自身、街をつくりたいという漠然とした理由でこの学部を志望しましたが、そこで知り合った学生は土木に関する知識はもちろん持ち合わせており、さらに大学卒業後の進路まで綿密に計画していました。

何を言いたいかというと、大学で勉強する人(特に理系)は心からその分野が好きで、他の同級生に絶対に負けないという気迫を持っている人がとても多いということです。高校では進路について考えている人がそこまで多くないですが、大学では段違いに多いです。みなさんも誰にも負けないような熱量を持って大学の勉強に励むとさらに楽しいと思います。私は圧倒させられた側なので、さらに熱心に勉強していきます。

受験生の多くは、志望大学、志望学部を明確に決めており合格に猛進しているところだと思います。大学で自分がやりたいことをするために、絶対に第一志望校に合格しましょう。

高校1、2年生の方は自分の進路について今のうちから真剣に考える事が重要です。せっかくの大学生活なので興味ある勉強をできた方が楽しいですよね。

皆さんは夏休みが終わり、受験勉強と学校生活を両立させなければならなくなりました。私の生徒にも「久しぶりに学校に行ってとても疲れた」と言っていた人がいました。夏休みに比べて自由な時間が少なくなりますがここから気合を入れ直してライバルに差をつけましょう!

担任助手1年 樋口