大学と高校に違いに関して… | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 10月 3日 大学と高校に違いに関して…

こんにちは!!!

二年の西田と申します。

さて、今回は大学と高校に違いに関して書こうと思います。まず、大学ってどんなところか知っていますか?多くの生徒が大学は勉強するところだと思っているでしょうが、本当にそうでしょうか。というのは、大学が「人生の夏休み」ということを言いたいわけではありません。ただ、大学は勉強するだけのためではもったいないということを言いたいです。大学に集まる人という点から考えてみます。大学には、色々な人が来ます。今までの高校には、同年代で同じ地域の人しか基本的にはあることはありません。しかし、大学には、色々な地域から学生が来ます。例えば、北海道の人もいれば、福岡の人もいます。また、同学年以外の人もいます。例えば浪人をしている人もいれば、休学して留学から帰ってきたひと、海外からの留学生などもいます。その点から考えると、大学にはいろいろな考えやバックグラウンドを持った人がやってくるわけです。その人たちと話しをするだけでも楽しいものです。

また、部活やサークルのことをかんがえてみます。サークルや部活は、高校と違って顧問が大学にはいません。すべて自分たちで行い、体育館を借りたり管理をするのも自分達で行わなければいけません。なので、サークルや部活に入ることをおススメします。

いろいろな経験をすることが出来る場所が大学という場所になります。なので、大学という場所をただ、あそぶ場所や勉強する場所という観点だけで考えて欲しくありません。大学での経験は確実に自分のものになります。

忙しくなるのは大学に入ってからだと思います(笑)。これから頑張っていきましょう!!