大学の勉強が未来を変える?? | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 7月 9日 大学の勉強が未来を変える??

こんにちは!

約2週間後から夏休みに入る大学2年生の佐藤杏美です!

夏はいっぱい楽しいことしたいな~、と思ってます!

 

とりあえず花火は家の庭でやろうと思ってます!!!

 

ところで、今日は直接受験勉強には関係のない話をしようと思います。

あ、でもちゃんと最後まで読んで欲しいです💦

 

みなさんは今、なんのために受験勉強をしていますか?

きっと将来やりたいことがあったり好きなことがあったり、そういうことを追求したり夢をかなえたりするために大学に入るべく勉強をしているのだと思います。私も2年前そうでした。

私は東日本大震災をきっかけに被災地に直接足を運んで人命救助がしたいと考えて医学部を目指して受験勉強を始めました。

自分で言うのもなんですが、私はかなりこの夢に固執していました。

夏のつらい時期も直前期のしんどい時も「私はこの夢を叶えないといけない!」と思って勉強を頑張っていました。

昔の頃からの夢だったので揺らぐこともなく、その後もずっとこの夢を追いかけていくことになるだろうな、と漠然と思っていました。

 

しかし!!!

 

いざ医学部に入って日々いろいろなことを勉強していると、「これも楽しそう、あれも良さそう!」とあちこちに考えが飛んでしまいます。

病理学で癌発生の仕組みを学んだときは「癌って案外簡単にできるんだな~、もっと上手く予防できないかな~」と思って研究の道に憧れたり、先端医療の脳外科のオペ見学の動画を見た時はその奥深さとやりがいの大きさに「楽しそう!!脳外科見てみたい!!」と思ったり。

好奇心の振れ幅が大きすぎてたまに自分で困ってしまいます(笑)

もちろん今も被災地支援の救急をやりたいという夢は大きいのですが、自分にはまだまだ可能性があるのだと感じ、わくわくしました。

 

私はいろいろなことに興味のある性格なので、実は医学部に入ったとき「ああ、これで私の未来は決まってしまったなあ」と少し寂しく感じていたのです。好きな学問を自分で選択して将来をひとつひとつ決めていく他学部の友人がうらやましく感じるときもありました。

でもいざ大学に入ってみると、私の未来はまだまだ全然決まっていませんでした!笑

ある程度絞られはするけど、「あれもいいな、これもいいな」と楽しく悩む日々は大学に入ってからも、というかむしろ大学に入ってからの方が多いです。

 

高校生の皆さんの可能性は本当に無限大です。

でも大学に入ってもまだまだ可能性と選択肢は山ほど残されています!!

本当にこの道で良いのかな?と悩む人もいるかもしれませんが、きっと大丈夫!

あなたにピッタリの道がその先にあるはずです。

まずは臆せず目の前の大学受験に立ち向かってみてください。入ってからは、きっとその時の自分が最良の方向に進めていってくれますよ!!

 

 

最新記事一覧

過去の記事