大学生になった今思う高校生とは | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 11月 30日 大学生になった今思う高校生とは

こんにちは。杉本です!

 

みなさんは大学生にどのようなイメージを抱いていますか?

身近な家族や担任助手、高校の先輩など思い浮かべてみてください。

私が、担任助手の仲間や高校の友だち、大学で知り合った友だち、その友だちの友だち、、など多くの大学生を思い浮かべて思うのは、

大学生って選択肢がたくさんある

ということです。

大学生の私からみて、高校生と大学生の大きな違いの一つに

選択肢の多さ

があげられると思います。

いろいろなことをしている大学生がいます。

代表的なことだと、大学の授業・研究、留学、サークル、部活動、アルバイト、長期インターン、起業など、、大学を休学して留学したり、働いたり、起業をしている友だちもいます。 

多分私の知らない、想像もできないような道を歩んでいる人もたくさんいるでしょう。

何をやるか、という選択の幅広さに加えて、どの程度やるか、という選択の幅も広いです。

例えば大学の授業一つをとっても、全く授業を聞かず、テストの点数が悪くても誰も咎めてくれません。

選択の幅が広いからこそ、その中の一つを選んで集中することも、たくさんのことに羽を伸ばすこともできます。

逆に何にもせずに過ごすこともできます。特に何も打ち込まず、気づいたら大学生活が終わりかけているなんてこともあると思います。

 

だからこそ、部活動や委員会などに打ち込んだり、東進に通って受験勉強に全力で取り組んでいる高校生は本当に格好よく私の目に移ります。

今目の前にあることに全力で取り組んでください!