大学4年の私から伝えたい最後のこと | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 4月 29日 大学4年の私から伝えたい最後のこと

こんにちは!吉祥寺校担任助手4年の田辺です。

あっという間に4年生となり、終わらないと思っていた学生生活も残り1年を切ってしまいました。怖いですね。

 

そんな私も残り1か月ほどで吉祥寺校を卒業します。2年前にも一度卒業しているので二度目の卒業です。なかなか異色の経歴だったかなと思いますが、再び吉祥寺校に戻ってきたことを後悔した日は1日たりともありません。とても充実した日々でした。

最後にまたブログを書く機会を頂いたので、伝えたいことを書ききって卒業したいと思います。

お時間ある方はぜひ、最後までお付き合いください◎

 

①自分の気持ちに正直に

私は中高大と自分の好きなことに時間を割いていたように思います。中高であれば部活、大学ではアルバイトや趣味というところ。

自分がやってみたい・頑張りたいと思えたことに躊躇なく取り組めるのは学生の特権かなと感じます。時間に余裕があり、行動範囲も広くなった大学生の可能性は無限大です。

 

私は女優の石田ゆり子が昔言っていた「お金はただの紙切れだから使って経験に変えなきゃいけない」という言葉がとても好きです。

もちろん、学生なのでお金が潤沢にあるわけではありませんのでお金ではなく時間に置き換えて解釈しています。

自分のやらなければならないことに割く時間も大事ですが、それ以上に自分の興味のあることはなんでもチャレンジしてほしいです。

実は私去年バンジージャンプ初めて挑戦しましたが、良い経験だったように思います。こんなレベルでも挑戦だと自分には言い聞かせています。

 

学生時代は永遠には続きません。今は終わりがないように思えるこの時間も意外とあっという間に過ぎ去ってしまうのです。大学4年の先輩が言っているからそうなんです。(笑)頭の片隅に置いておいてください。

 

②周囲の人を大切に

これまでの人生では家族、友人、先輩・後輩、吉祥寺校の生徒等色々な人に囲まれて過ごしてきました。今もですけど(笑)

沢山の人に出会い幅広い考え方、価値観、仕事や勉強への姿勢等々刺激を受けてきたなあと思っています。

私は一度吉祥寺校を卒業して別の場所でアルバイトをした経験を持っています。その時の話を少ししたいと思います。

 

東進ハイスクールとは違い、大学に進学せずフリーターとして生計を立てるために働いている人から、同世代の学生、その店がオープンした当初から働いているおばあちゃんたちまで本当に様々な方が混ざった場所で働いていました。

私はそれまでありがたいことに私立でずっと過ごし温室育ちだったので、その環境がとても新鮮で面白いことも困惑することも沢山経験しました。

その後紆余曲折を経て吉祥寺校に復帰した際、ここの居心地の良さや似たような家庭環境の人の多さにかなり驚いたと共に、自分たちの生活が普通ではなかったことを改めて感じました。

 

「周囲の人を大切にする」という言葉の直接的な意味からは外れてしまいましたが、是非同じような場所にずっととどまるのではなくいろんな人と接点を持ち、今の段階では想像しえないようなことを沢山経験してほしいです。

その中できっと本当に大切にすべき人や大切にしてくれている人に出会えると思います!今このブログを読んでくれているそこのあなたも私にとっては大切にしたい人の一人です。ありがとう?

 

珍しく長々と書いてしまいました。今度こそ戻ってくることが無いので伝えたいことを思いっきり伝えられたかな、と思います!

きっと街中で会うこともあるかと思います。是非お互い近況を報告し合えたら嬉しいです!

 

校舎からは離れてしまいますが、私にとって大切な場所で一生懸命勉強する大切な生徒のみなさんのことを心の底からずっと応援しています!

本当にありがとうございました◎

 

東進ハイスクール吉祥寺校 担任助手 田辺美帆

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事