家で勉強しないというルール | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 27日 家で勉強しないというルール

こんにちは。宇賀神虎乃介です。

皆さん、夏休みも始まりいよいよ受験勉強が本格化してきたと思いますがいかがお過ごしでしょうか。夏休みは朝から夜まで東進にきて勉強していると思いますが、担任助手や担任の先生にこんなことは言われたことはありませんか?

「家でも勉強してる?帰ってからも勉強してね。」

僕も現役時代このようなことを毎日のように担任の草野さんに言われていました。実際、周りのライバルは毎日同じように朝から夜まで東進にきているわけですから、単純に勉強時間で差をつけようと思ったら東進に来る前か、帰った後に自分で家でも勉強しないといけないなぁと思っていました。

しかし、残念なことに怠け者の僕は集中して家で勉強することが不可能でした。勿論、最大限の努力はしたつもりなのですが、やっぱり家だとすぐに気が散ってしまうし、他人の目線もないので集中力が続かなく、効率のとても悪い勉強になってしまい、結局ただ夜更かししただけの人になってしまうのです。

このように効率が悪い勉強を繰り返して夜更かしをして生活リズムを崩していると、実際に時間を無駄にしているし、次の日、罪悪感に襲われて、メンタル的にも良くありませんでした。

でも、家で勉強しなくてよいほど学力に余裕なんてなかったし、どちらかといえば周りの人より学力が低く、今まで勉強してこなかった僕は、東進にいるときだけの勉強で合格できるほど質の良い勉強ができているとも言えませんでした。

そこで僕は、「絶対に家で勉強してはいけないルール」を作りました!

は?

と思った人もいるでしょう。

ちゃんと説明します。僕は家で勉強してもうまくいかないので、家では勉強しないことに決めました。しかし、その代わりに家になるべくいないようにしたのです。基本的に夜寝るときとお風呂以外は家にいないようにしました。

具体的には、夏休み期間は東進が閉まった後は、公園に行ったり、駅のホームに行ったりして英単語を勉強したり英語の音読をしたりしていました。人目があるので僕は集中できました。

夏休み期間以外では、高校で朝ご飯を食べるようにしていました。こうすることで朝起きたら一瞬で高校に行って一人で教室で勉強しながら朝ご飯を食べれるので優雅な朝を過ごせますし、先生も少しはいて人の目線もあるので集中できました。

あとは、勉強するためだけに電車に乗って東京から高尾まで往復したこともありました。

このように家で勉強できない人はこの受験期にそれを克服するよりも、思い切ってこのようなルールを設けて環境を変えてしまうというアプローチも悪くはないのかもしれません。

とりあえず、夏休みも頑張りましょう!!ではさようなら

最新記事一覧

過去の記事