常に本番を意識しよう | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 11月 3日 常に本番を意識しよう

こんにちは!担任助手2年の片倉です!

先日ですが、僕が応援しているプロ野球チームの東京ヤクルトスワローズがリーグ優勝を決めました!!!

丸山先生もファンなのですが、優勝の瞬間は二人で大喜びしてとても興奮していました笑

今シーズンの前評判ではほとんどの評論家やOBに「リーグ最下位」や「Bクラス(=下位)」と予想されていましたが、それらをすべて覆しての堂々の優勝、、、

まさに大番狂わせといったところでしょう。

前評判なんてまったくあてになりません!

大事なのは来るそのときまでにどのような準備をし、そして本番でどのように自分の最大限の結果を出すか。これに尽きると思います。

受験生は入試まであと少しになりましたが、自分に自信を持てるぐらい最高の準備をして臨めるようにしましょう!

 

 

ところで皆さん、入試を受けるにあたっての「準備」ってどういうものだと思いますか?

 

「合格点を取るために勉強すること」

 

その通りです。これこそが準備の最大限を占めていると思います。死ぬほど勉強してください。

 

しかし!!!

これは準備の「すべて」ではありません。(と、僕は思います。)

ここに欠けている要素、それは「勉強面以外の環境や生活」の話です。

 

例えば、毎日の起床時間や勉強する環境・姿勢など、気にかけるべき点はいくつもあるはずです。

起床時間に関して言うと、人間の脳は起床後3時間ぐらいから本来の力が出始めると言われているのです。

つまり9:30に試験が始まる場合は遅くとも6:30には起床しておかないと、試験開始と同時に脳が最大限に働かないのです。

いつも学校に遅刻ギリギリで行っているそこの受験生!いますぐ直しましょう!

「いますぐに!」です!「直前になってからでいいや」は本当にダメです。常に本番を意識した生活をしてください。

 

勉強する環境に関しても、なるべく本番に近い雰囲気を味わっておくことは大切だと思います。

現在、校舎では「単元ジャンル演習会」が行われていると思いますが、是非活用してみてください。

本番では一人ひとりにブースはないですし、隣の人の書いている音やオーラなども感じながら難問に直面することもあると思います。

少しでも本番に近づくことができる環境は有効活用すべきだと思います!!!

 

「練習のための練習」ではなく「本番のための練習」

生活面や環境に関しても、常に本番を意識して勉強に取り組むようにしてほしいです。

 

そして、こうした当たり前の私生活を意識して見直すことで、物事を成し遂げる上で必要不可欠な要素である「運」がやっと巡ってくるのだと思います。

正直な話、成し遂げたいことが大きなことになるほど「運」は大事になります。

あの大谷翔平選手でさえ、目標達成に必要な要素として「運」をシートに書いています。(「大谷翔平 目標シート」で調べたら出てきます。)

 

一瞬一瞬がすべて来るそのときに繋がっていると思って、一瞬たりとも無駄にすることのないように最後まで頑張ってください!!!

 

最新記事一覧

過去の記事