思い切って息抜きをする勇気 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 10月 13日 思い切って息抜きをする勇気

みなさんこんにちは!!最近暑くなったり寒くなったりと大変ですよね。。。

寒暖の差が激しいからこそ体調管理には気を付けましょう!!

さて今回は「休憩の取り方」について話そうと思います。

10月に入り、学校生活と受験勉強との両立に疲れてしまっていたり、周りの友達が指定校推薦などで次々と大学が決まり自分だけ取り残されてしまったりして勉強時間ややる気が少なくなってきている人が多いのではないでしょうか?

実際に私のGMTでもそのような傾向がありました。

そこで私の経験をもとに、効果的だった休憩方法を紹介します!!

それは「1日中何も勉強しないこと」です。

「え?」「いいの?」と思う人が多いと思います。今から詳しく説明していきます。

仮に1日の勉強時間を10時間とします。それがやる気が出ず8時間しかやらなくなったとします。その場合だと、5日で10時間勉強時間が減る=丸1日勉強をサボったということになります。

ということは、1日の勉強時間が少なくなったままダラダラと時間を使うよりかは、思い切って丸1日何もしない方が今後につながるというのが私の考えです。

これを行うことによる最大のメリットは

「受験まで100日を切っているのに本当に1秒も勉強しない日を作ってしまった

という事実を作り、罪悪感から今後焦って勉強にまたスイッチを入れられること」

です!!

しかしながら受験まで時間が無いのもまた事実です。皆さんにこれができるのは

1回~2回だけです。

それだけは絶対に守って下さい。さらに、1日勉強しなかったらサボり癖がついて逆効果だと感じる人も絶対に行わないで下さい。

最後に私自身の体験を話します。

私にも勉強のやる気が出ない時がありました。確か11月の中旬くらいだったと思います。そんな時にサッカー部が選手権予選の決勝に進出し、全校応援をするという機会がありました。高3は任意参加でしたが、私は思い切って参加することにしました。試合当日は友達と全力で応援したりととても楽しかったです。その後家に帰りましたが、久しぶりに外に出て立ちながら応援していたせいかとても疲れてしまい、その日は東進に行くのをやめました。そして昼寝をし、スマホをいじり、普段やりもしないスマブラをやったりして過ごしました。

翌日、半年ぶりにしっかりと息抜きできた満足感と、全く勉強しなかったことへの罪悪感とともに目覚めました。そこからはまた自分を追い込み、死ぬ気で勉強することが出来ました。

もう1日はセンター試験の2日目に使いました。

あくまでもこれは私の体験なので全員が成功するわけではないですが、思い切ってやってみるのもありかもしれません!!!

これからも頑張っていきましょう!!