持続的な努力を | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 3月 3日 持続的な努力を

こんにちは。

 

昨日から休校の学校、多いのではないでしょうか???

大変ですよね。

 

高校生、とりわけ新高3生は、

「せっかく休校だし、この春勉強がんばろう!」

という気になっている人、多いと思います。

よく言われるアレですね!早期スタート

 

早期スタートの重要性は明らかで、毎年言われていることでもあります。

高3に上がるタイミングの春休みでやるかどうかで、

合否の可能性はうんと変わると思います。

学校が始まってからでは遅い。

これは僕自身の受験生活、および東進で働いた1年間で身をもって感じたことです。

 

しかし、今年はちょっと違う。

春休みの長さが1ヶ月以上と、例年の倍近くあります!!!

 

1ヶ月以上あればなんでもできます。

苦手科目1つ克服するくらいは余裕でしょう。

これまでやった東進の全受講テキストを3周復習するのだって可能だと思います。

 

このブログで何が言いたいことは、

早期スタートだけでは満足してほしくないということ。

どんなに早く始めようとして、たとえそれを実行に移したとしても、

多くの人はどうせ三日坊主で終わってしまうでしょう。

僕は、春休みの最後まで持続的に努力する生徒の姿を見たい。

 

とにかく、今年の春休みは40日近くあります。

ちょっと早めの夏休みが来たと考えればいいでしょう。

受かるために、努力を早期にスタートさせるのは当たり前。

その努力を春休みの最後まで持続させる気でいてください。

 

今年の春休みに頑張るだけで、合格への距離はぐっと近づきます。

40日間。受かりたいなら本気で最後まで走りきってください。