文系と理系 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 1月 15日 文系と理系

こんにちは!担任助手の渡辺です。

センター試験まであと4日ですね。

今日は、自分が高1だったときのことを書こうと思います。

ちょうど4年前のことです

文理選択のタイミングでの話です。

冬休み直後の登校日に、不注意なことに、文理選択用紙を完全に忘れていました。

まあ明日持ってきますよと先生に言ったところ、

担任には家に帰って取りに行かされました(片道1時間半)。

学校に戻り、用紙を担任に渡すと、「ありがとう」の一言もあるかなと思いきや、

職員室で多くの教師の前で、

「文理の選択用紙を忘れるなんて、人生をなめてる。」

と怒られました。

その日は、何で怒られたのか本当に分かりませんでした。

3時間かけて取りに行ったのに、そこま言われる必要ある??

「まじで、何なのあいつ」

と何人の友達に言ったのか数え切れません。

ただ、今振り返ればよく分かります。

文理という、人生をある程度決める重要な選択。

これから何を学ぶのかを決める重大な選択。

そのことに真摯に向き合えない人は、その後の人生に向き合えない人が多いです。

文理選択、志望校選択、学部選択に

しっかり時間をかけて、

情報を収集して、

考え抜いてください

 

吉祥寺校 渡辺

 

 

 

過去の記事