春休みは受験の天王山? | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 2月 24日 春休みは受験の天王山?

 

こんにちは!

最近、花粉が飛び始めて辛いですよね。目が痒くなったり

鼻水がとまらなかったりと、大変な季節です。

 

そんな今日のテーマはズバリ!

春休みの大切さについてです。

 

特に一年後に受験を控えた高校2年生の皆さん。

勉強、してますか?

 

今の時期、定期テストがあったり、部活が忙しかったりして、

なかなか受験勉強ができない。

そんな人も結構いるのではないかな、と思います。

 

果たして、それでいいのでしょうか?

 

よく考えてみて下さい。

みなさんは、あと11ヶ月後には大学入学共通テストを受験している予定です。

 

11ヶ月=330日

330日=7920時間

7920時間=475200分

 

みなさんは475200分後にはもう受験を迎えているのです。

今目の前にある時間、無駄にしていませんか?

 

テレビを見ようが、スマホをいじろうが、勉強をしようが、

平等に時間は過ぎていきます。

今から1分1秒を惜しまず勉強をする姿勢を保っておくことが

非常に重要なのです。

 

「夏は受験の天王山」

とよく言われると思います。もちろんそれは間違っていません。

しかし、天王山である夏を受験生として頑張り切るためには、

まさに今この瞬間から「受験生」になっていなければなりません。

 

今の時期にダラダラしている人が、夏になった瞬間に急にスイッチが入って、

勉強出来るようになりますか?

また、その結果希望する大学に合格することはできるでしょうか?

 

答えは否です。

 

今の時期に受験に向き合えていないようでは、

夏に受験勉強を始めることはできないでしょう。

できたとしても、合格の可能性はとても低いです。

夏休みが始まってから始めたとした場合、

受験まではあと259200分しかないのですから。

 

だからこそ、春こそ本当の受験の天王山なのです。

この時期こそ、本気で受験に向き合うべきなのです。

 

例年、「勉強時間をもっと確保できていればよかった。」

「もっと早く勉強を始めればよかった。」

と嘆く受験生が非常に多いです。

 

合格するためには、圧倒的な勉強時間が必要です。

今からなら、まだ間に合う。

 

受験まであと1年を切った今、本気で受験に向き合い、

本気で受験勉強を始めましょう。