最後のブログ | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 5日 最後のブログ

こんにちは!担任助手3年の岩里です。

生徒として2年半、担任助手として2年間通った吉祥寺校をこの度卒業することになりました。タイトル通り、私がブログを書くのも今回が最後になります。

最後だからと言って何か特別感動的なことを書くような文才はありませんが、せっかくなので最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

私が最後に伝えたいこと

「1分1秒を大切に、やると決めたことは全力でやりきる!!」

 

みなさんには、自分が今まで生きてきた十数年間で「全力でやりきった」と自負できることはありますか?

私には今のところ2つあります。1つ目は中高時代の部活動、2つ目は大学受験の勉強です。自負していることであるとはいえ自分の話を堂々と話したり語ったりするのは苦手で、今まで特定の人にしか口外してこなかったので「そうなの?」と思う方も多いと思います。

以下、私の経験談多めの内容になってしまいますが、最後なのでこの機会に少し話させてください(´;ω;`)

 

1つ目の部活動について

きっかけは中学1年生の頃。合唱部に入り、半年ほど経ったときのことです。小学生の頃から音楽が好きで、音感にも歌にもそれなりに自信があった岩里は、コンクールのオーディション(メンバー選考)で落選しました。

1番下の学年だったこともあり、私を含め同期(当時40人弱)は2/3以上が落選したわけですが、負けず嫌いな岩里は落選したのが本当に悔しくて、毎朝誰よりも早く来て予鈴が鳴るまで自主練し、部活後も下校時刻ぎりぎりまで歌い続ける生活を始め、高校2年生の最後の大会当日まで続けました。結果、中学2年生から高校2年生の4年間、すべてのオーディションを突破し、全国大会の舞台にも立つことができました。他にもエピソードはたくさんありますが、合唱部での経験は私の人生の原動力となっています。

 

 

2つ目の大学受験勉強について

部活動にすべてを捧げてきたと思いきや、こう見えて学校の定期試験ではそれなりの成績をおさめ、表彰されたりもしていた岩里は、中学~高校1年生の途中まで自惚れた生活を送っていました。

高校1年生の秋、友人が塾に通い始めたのをきっかけに私もなんとなく塾探しを始め、東進で初めに受けた学力診断テストでは英語が74/200点、数学が33/100点(※当時はセンター試験)。学校の外に出れば高校1年生なんてこんなものなのかぁ、なんて思っていましたが、廊下に貼りだされていた模試のランキングには既に7割近い成績をおさめている同学年の名前がありました。高校が違うとはいえ流石に焦りを覚え、大学受験に向けて本格的に勉強を始めました。精々1ヶ月先くらいまでの勉強計画しか立てたことがなかったのでどう勉強したら良いのか分からず、とりあえずがむしゃらに勉強する日々。その勉強の仕方に問題があり、高校2年生の冬頃まで成果が模試の得点にあらわれずかなり苦労しましたが、「使える時間は全部使う」ことを意識し、受験直前までとにかく机に向かいました。センター試験本番で失敗し、納得のいく結果を出すことができなかったことが心残りではありますが、「使える時間を全部使う」という点ではやりきることができたのかな、と感じています。

 

ここまで私が「全力でやりきった」と自負できることを(かなり端折りましたが)エピソードをふまえつつ書いてみました。もしかしたら自慢話に思われてしまうかもしれませんが、決してそんなつもりはないのでどうかあと少し読み進めてほしいです、、

 

 

2つに共通して言えること、それが「1分1秒を大切に、やると決めたことは全力でやりきった」ことです。

日本の義務教育期間は中学生までであるなか、みなさんは今高校に通っています。なかには通っているのが第一志望の高校ではない、という方もいらっしゃると思いますが、少なくとも「高校に通う」ことを決めたのは自分ですよね。

 

そして東進ハイスクール通っているみなさん

各々決めた経緯は違えど、今東進ハイスクールに通っているということは「大学受験をする」と決めたということですよね。文理や志望校が決まっているなら尚更。その文理や志望校を決めたのはきっと自分ですよね。

 

 

1度決めたこと、目標…小さなことでも構いません。その達成に向けて1分1秒を大切に、自分でやると決めたことを全力でやりきってほしいな、と思います。そうすればたとえ私のセンター試験のように結果が失敗に終わっても、その過程で全力で努力し、精一杯やってきた経験によって何かしら得られるものがあると思うからです。

そして1人でも多くのみなさんが受験勉強を全力でやりきると決め、あわよくば第一志望合格という最高のかたちで達成できた経験の1つに入ってくれたら嬉しいな…と感じている次第です。

 

私も「全力でやりきった」と自負できる経験の3つ目が「看護師国家試験合格」になるように勉強頑張っているので、みなさんも一緒に頑張りましょう!(笑)

 

 

最後に

生徒のみなさんには今までチームミーティングや面談、そしてブログ等で偉そうなことを言ってきましたが、私が今までにお話してきたことは単なる持論、1つの考えにすぎません。岩里がこんなことを言っていたなぁ…と偶に思い出してくれる程度でも良いので、少しでも心に残ってくれたら、と思います。

 

そして吉祥寺校のスタッフをはじめ、沢山の生徒のみなさんと関わることができ、貴重な経験をすることができました。ここで出会ったすべての方々に感謝しています。

今までありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

吉祥寺校担任助手 岩里彩海