気持ちの切り替え | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 15日 気持ちの切り替え

こんにちは!担任助手2年の加藤です!

 

まず高3生は共通テスト本番、低学年は同日体験受験お疲れ様でした!

 

受験生は、自分の思うように出来た人、そうでない人といると思います。

それでも、今はとにかく頑張った自分を褒めてあげましょう。

そして、できなかった問題や自信のなかった問題を確認して次に繋げましょう。

 

今回の内容は気持ちの切り替え方についてです。

共通テストは上手くいったけど、これからの一般が心配…、共通テストが上手くいかなかった…という人はぜひ参考にしてみて下さい。

 

①今考えてもしょうがないと割り切る

この考えが最初から出来ていれば、テストの成績が悪かったことに対してあまり落ち込むことは無いかもしれませんが、

今考えてもしょうがないと割り切らないとこの後の試験に悪影響です。

 

共通テストはほとんどの人にとって大学受験初めての入試です。

最初から100%の力を出せる方が珍しいです。

意外と思っているより周りもできていなかったりします。

どうしても受験期は自分だけ上手くいっていないと思ってしまうことが多いですが、

受験生全員同じ気持ちだということを知っておくだけでも気持ちが軽くなると思います!

 

②次の入試で間違えずに済む

模試の時によく担任助手に言われていたと思いますが、試験は受けて終わりではありません。

それは入試本番でも言えることです。

今回できなかった問題が次の大学の入試で出てくるかもしれません。

そう考えたらまだ次があるのに、できなかったと自分を責めたり、落ち込んでいたりする時間が無駄に思えてきます。

次の入試で良い点数が取れるように今回出題されたんだなとむしろ感謝してみるのも良いかも知れません。

 

③好きなことをする、好きなものをたくさん食べる

とにかく気分転換してみましょう。

私の場合、犬を飼っているため、受験期も犬を抱っこしながら勉強をしたり、休憩中に一緒にごろごろしたりしていました。

私にとっては良い気分転換でしたが、犬にとっては迷惑だったかもしれませんね(笑)

運動をして少し体を動かしたり、自分の興味のある分野の本を読んでみたりして一度短時間だけ勉強から離れてみてください。

あまり勉強から長く離れすぎないようにだけ注意してくださいね!

 

気持ちの切り替えと言っても、感情論的であまり参考にならない人もいるかもしれませんが、

まずは頑張った自分をしっかり褒めましょう。

 

まだ入試は始まってばかりです。あと1カ月ほど頑張っていきましょう!

辛くなったらいつでも校舎にきて、担任助手に声かけてください!

 

 

最新記事一覧

過去の記事