習慣化は最強の武器である | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 4月 19日 習慣化は最強の武器である

こんにちは!担任助手2年の廣木です。

今年の春、とうとう花粉症になってしまいました… いや~、つらいですね…

毎回言っていますが、みなさん風邪には注意しましょう! (花粉症はどうにもならないんですが…)

 

さて、今日はタイトルにある通り、習慣化について話したいと思います。

 

突然ですが、人間は意識1割、無意識9割で行動しているそうです。

(以前読んだ本に書いてありました)

言い換えれば、人は生活の大半を無意識で過ごしているということです!

例えば、普段の歯磨きや挨拶って意識してやっていますか?…んなわけないですよね。

そう考えると、案外意識して行動することって少ないのかなぁと思えてきます。

 

では、そもそも無意識的な行動ってなんでしょうか?

僕は無意識的な行動=習慣化した行動だと思っています。

歩いたり、食べたりすることを例に考えると納得できます。

最初の話に戻ると、習慣化した行動がみなさんの日常の9割を決めているのです!

その習慣をより良いものにすることは、言わずもがな重要ということになります。

勉強に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

春休みに毎晩遅くまで残って勉強している生徒に、なんでこんな頑張れるの?と聞きました。

すると、「いや、なんかこれが普通になっちゃってます」という返事が!

多くの方は、勉強に苦痛を感じていると思いますが、この生徒は勉強することが習慣となっているので、そんなに苦労を感じることは無いのです。

そうです、ストレスがたまらないことこそ、習慣化の最大のメリット!

これこそが無意識は最強の武器だと豪語する理由です。

 

でも、勉強を習慣にするなんて自信ないよ…という人もいると思います。

確かに嫌いな勉強を自然に始められる人はごく少数かもしれません。

そんな人に利用してほしいのが、週間計画シートです!(習慣計画シートでいいかも(笑))

 

↑上の例を見てみると、学校に行く時間(斜線)を含め、朝から晩まで一週間の予定がびっしり埋まっていますね…!

こうやってすべての時間を埋めて、実行しようと努力する。これを日々繰り返すと、勉強が徐々に習慣となっていきます。

でも、そんな方法で?と思う人もいるかもしれません。

そりゃ最初は誰にとっても勉強の習慣化なんて得体の知れない怖い存在です。でもいざ頑張っていると、いつの間にか東進に来て、勉強することが当たり前になります。

むしろ来ないことにもどかしさを覚えるかもしれません。

まさに「幽霊の正体見たり枯れ尾花」(怖いと思っていたものも、正体を知ると大したことないと感じる)。

 

まずは習慣化へ向けての一歩を踏み出しましょう!

 

 

 

過去の記事