自己管理の成果で合否が分かれる、かも知れない | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 8月 5日 自己管理の成果で合否が分かれる、かも知れない

勝負の夏が始まりましたね。

学校がなくなったことにより、自分の勉強時間に時間が割ける人が増えてきてる様子です。

特に部活生が陥りやすいのが、高校生活初めて体験する長期休みで、無駄な時間が増えてしまうことです。

 

夏休みは本当にあっという間に終わります。

早期に月間の予定を立て、それを実行しましょう。

 

その際月間の予定は必ず担当担任・担任助手に相談しながら決めましょう。

自分が思っているよりも、空いている時間がありますよ。

移動時間中、起きてからすること、寝る前にやること、明確にしましょう。

夏休みは最後の勉強を習慣化出来るタイミングです。

第一志望合格率は10%と言われています。

みなさんがこれから立ち向かうのはそういう厳しい世界です。

メリハリをつけるとともに、勉強の絶対量をいかに確保するかが

受験の合否を分けます。

 

東進ハイスクール吉祥寺校では朝登校を推奨しています。

朝誰よりも早く学校に登校し、グループミーティングでたてた毎日の目標をその朝に確認しましょう。

吉祥寺校では毎朝のコーチングタイムも実施しています。

朝にその日の予定を確認することで、無駄なく価値あるものとして過ごすことができます。

 

その行動が合格に結びつくかつかないか、自問自答を繰り返してください。

今朝登校ができない生徒は、正直損をしていると思います。

受験学年でも低学年でも同じです。

朝登校者が増えることを期待しています。