英語の勉強法について | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 12月 26日 英語の勉強法について

こんにちは!担任助手1年樋口里菜です!

今日は、英語の勉強法について少し話したいと思います。

今日の内容は、
1.英語長文について
2.リスニングについて

です!!ぜひ最後まで読んでください。

まず初めに、英語長文について。

みなさん、英語養分の点数を伸ばすためにはなにが一番大事だと思いますか?

単語?熟語?

 

 

私は、ずばり文法!!だと思います。

 

英文法って単語とかに比べておろそかにしてしまいがちなのではないでしょうか。

 

しかし、英語を母語としない人たちにとっては、英文法を身につけることが最も効率の良い英語を読めるようになるための手段となります。

 

わたしも受験時代、単語も熟語もわかってるし、英文法も勉強したのに点数がいまいち英語が読めない、、という時期がありました。

 

しかし、英文法って意外と勉強した気になっているだけの可能性が高いです。

 

一回理解したからもう英文法は大丈夫、って思っていませんか?

もちろん一回勉強しただけでは身についたとは言えません。

 

受験時代、改めて英文法を隅から隅まで頭に入れなおしてみると、かなり長文が読めるようになりました。

 

この経験からも、英語を勉強する上で英文法を頭にしっかりとインプットする大事さを伝えたいです。

 

また、英文法を勉強する際のおすすめの勉強法があります。

 

それは、

・その文法を用いた例文をそのまま覚える。

・その例文を覚える際、ネイティブの音声を聞きながら何度も音読する。

 

という流れです。

例文を覚えることで自分の身体で直接文法を覚えられ、長文もかなり読みやすくなります。

英文法をおろそかにしてしまっている人、もう一度勉強し直してみてください。

もしかしたら、長文が読めるようになるきっかけになるかもしれません。

 

 

そして2つ目の話題、リスニングについて。

 

「リスニングができない」という悩みには、大きく分けて2つの原因があります。

 

1つめは、そもそも音が聞き取れていない。

2つめは、音が聞こえても意味を理解することができない。

 

リスニングの悩みを抱えている人は、このどちらかに当てはまる場合がほとんどです。

 

ただ、この両方を解決する手段として、私は先ほどあげた例文をネイティブの音声を聞きながら音読することをあげたいと思います。

 

ネイティブの音声を聞きながら音読することで、英語独特の音のつながりや省略を覚えることができます。

さらに、音読をすることで文法を覚え、戻らなくても意味が理解できるようになります。

 

以上の理由から、私はこの上にあげた勉強法を推したいと思います。

 

 

ただ、この勉強は何を使ってやればいいのか、、、と考えたときに、「基本例文300」というコンテンツがあることを思い出しました!

これなら、覚えるべき例文に絞られているし、音声も聞きながらできます。

せっかくなら、このマスターを使ってみるのも一つの手じゃないでしょうか。

 

 

上にあげた勉強法はあくまでも私の考えた方法ですが、試してみる価値はあると思います。

ただ、他にも勉強法はたくさんあると思うので、他の担任助手にもきいてみてください!