英語の受講の復習の方法 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 6月 17日 英語の受講の復習の方法

こんにちは!担任助手の植松です。

六月になり、梅雨入りして、ジメジメとした天気が続きますが、頑張っていきましょう!

突然ですが皆さん、 復習 できてますか?

特に高校三年生は、自分の受講の他にも、過去問や共通テストの演習に追われ、復習がおろそかになっている人もいるのではないでしょうか。

復習の大切さというのは、皆さん分かっているとは思いますが、ここでもう一度、自分がやってきた受講の復習ができているかどうかについて考えてみてください。

 

今回は、自分がお勧めする英語の復習方法について書いていきます。

それは、音読することです。

「もうやってるよ!」という人もいるとは思いますが、具体的にどうやって音読すれば質は上がるのか、ということまでお話しするので、最後まで読んでほしいです!

 

 

1 音読のメリット

音読をするメリットは、大きく分けて3つあります。一つ目は、時間がかからないということ。一日30分だけでも、続ければ確実に力がつきます。二つ目は、読むスピードが速くなるということ。三つ目は、単語も自然と身につくということです。

デメリットは、特にありません。今、特に読解の講座の復習の際に、黙読している人はいませんか?是非、音読してみてください。実際に自分も、音読をすることによって点数が上がりました。

 

 

2 音読の際に押さえておくポイント

音読する際に押さえておいてほしいポイントは二つです。

一つ目は、意味をしっかりとりながら音読する、ということです。ただ音読するだけでは、効果は薄いです。音読の際に意味がわからなくて詰まってしまうところや、文法的に意味がとりづらいところがあれば、その都度日本語訳を確認して意味をとるようにしましょう。日本語訳と英文を交互に音読するのも効果的です。

二つ目は、何度も繰り返すということです。一度や二度では、なかなか細部の単語まで覚えきれません。何度も繰り返すことで、その文章を定着させていきましょう!

 

3 音読の目標

音読はどこまでやるべきか?最終的には、文章を日本語と同じスピードで読み、理解できるまで繰り返してください。また、授業で強調された文法事項や単語があれば、それも完璧に身に着けてください。それができるようになって、はじめて復習といえます。

 

 

音読については以上です!大切なのは、「量」と「質」です。以上のことを意識して、「質」を上げ、また十分な「量」を確保しましょう!!そして、受講を確実にモノにして、点数を上げていきましょう!!

 

六月になって、学校が始まっている生徒も多いと思います。しっかりと、学校と東進の両立をはかるように頑張っていきましょう!!