言い訳するのはもうやめよう!(失敗談つき) | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 9月 24日 言い訳するのはもうやめよう!(失敗談つき)

こんにちは!担任助手1年の岩里です!

今日は低学年の部活生のみなさんに向けてブログを書こうと思います。私の失敗談も含めてお話しますので良かったら最後まで読んでください!

 

最近よく、低学年のみなさんからこんな声を聞きます。

 

「文化祭が近いので校舎に来られません」

「部活が忙しいので受講のペースを遅らせてもいいですか?」

「学校の課題で忙しくて受講できませんでした」

 

…本当にそれで良いんですか??

 

少し私の話をしたいと思います。

私は友人の勧めで高1の11月ごろに東進に入りました。当時の部活の頻度は週7日。日曜も基本的に朝から夕方まで大会の練習をしていました。この生活を中1から続けていましたが、正直ものすごく忙しかったです。

さらに当時の私は学校の勉強だけはしっかりこなせているという謎の自信があったので、今のまま勉強していれば最悪なんとかなるだろうと思っていました。

 

そんな私の生活はというと

高1の11月~高2の6月:校舎に来るのは週2、3日。受講とグループミーティングのためだけに来校。

高2の7~8月:校舎に来るのは週5日くらい。とはいえ来校して高校のすさまじい量の課題をこなしていただけで、受講は週3コマくらい。

高2の9月:もはや何をしていたか記憶にない。とりあえず文化祭準備と大会練に追われていたような…?

といったところでしょうか。

 

そして10月、私たちが1番大切にしていた全国大会が終わり、週7日部活生活が続いてたなかでも忙しさが少し軽減されてきた頃のことです。

全国統一高校生テストを受けました。思い返せば6、8月は模試すら受けていなかったため、半年ぶりの模試。加えて私が東進に入塾してちょうど1年経った頃です。

英語の点数を比較してみましょう。

 

学力診断時(高1・11月):74/200点

全統(高2・10月):84/200点

 

…は?って思いませんか?100点満点に換算して、1年間で5点分しか成長していないのです。

ここで我に返った私は部活後毎日校舎に来て、受講を進めるようになりました。改心してからはかなり勉強していたため成績も徐々に上がっていきましたが、

「もっと早くに受験を意識した勉強を始めていれば、最終的にもっと良い成績をとれたかもしれない。」

という後悔だけは永遠に消えません。

そこそこ早い段階で入塾していて、周りと差をつけようと思えばいくらでもつけられたはず。できることは大量にあったはず。けれど「忙しさ」を言い訳に努力しなかったこと、死ぬほど後悔しています。

学校の課題が忙しかったり、部活が忙しかったり…気持ちは痛いほど分かります。しかし、それを言い訳にして1年後ないし2年後に後悔するのはみなさんです。

私みたいにならないよう、できる努力は最大限やっていきましょう。学校や部活が忙しい、といった類の相談にのれる自信はありますので、何かあれば岩里まで!!