部活生へ | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 5月 1日 部活生へ

こんにちは、担任助手2年生の片倉 悠希です!

1週間ぶりですね笑

僕といえば、体育会系の根性論みたいなつまらないブログしか書いていないと思いますが、ご愛敬ということで今日もお付き合いください!

また1年間、このスタイルで貫いていきたいと思います!

 

さて、きょうから5月になりましたね。

気候も暖かくなってきて、心も自然と燃えてきますね!!!

高校3年生の人は部活もいよいよ大詰めという時期な人も多いと思います。

このようなご時世でものすごく大変だとは思いますが、最後まで悔いの残らぬよう、残りの期間を精一杯楽しんでください!

(勉強もほどほどに、必要最低限のことはやっておきましょう)

 

ということで本日は、高校生の青春に欠かせないと言ってもいい「部活」についてのブログです。

(欠かせないというわけではないと思いますが、僕自身の高校生活は部活なしでは語れないというか、部活がなくなったら何もなくなっちゃうので、僕の感覚では欠かせないというだけの話です笑)

 

 

皆さんは(低学年の方は特に)これから先、「部活と勉強の両立」という面で悩む時期が必ず来ると思います。

学校の周りの人のなかでも受験勉強を理由に部活を辞める、という人も多くなると思います。

 

ですが、受験勉強を理由に部活を辞めることは、僕はすすめません!!!

 

これは僕の経験則ですが、勉強がやばいからといって部活をやめても、大抵の場合は勉強に気持ちが100%傾くということはないと思います。

部活をやめたら時間がたくさんあると思うかもしれません。

時間があるのはたしかです。僕も部活を引退した後は抜け殻のような日々を過ごしていました。

しかし、時間と同時に 誘惑の数も計り知れません!!!

僕の知っている人の大半はこれに負けて、部活を途中でやめてからも勉強に打ち込めていないという状況が続いていたと言っています。

 

もちろん部活を途中で辞めたという僕の友人の中には、辞めてからは受験生のように毎日地獄のような勉強生活を送り、1年後見事に志望校に合格したという人もいます。ただ、この人のように自分を律して勉強に打ち込める人はほんの一握りだと思います。

 

なぜなら、勉強を続けることも「才能」の一種だからです。

 

 

そして、何も部活をやめても勉強できない人が多いから部活を続けろというわけではないです。

僕自身、部活を通じて様々な大事なことを学ばせてもらったと思っています。

 

目上の人への礼儀や挨拶、仲間と共にひとつの目標へ向かって団結していく力、辛いときの精神力・忍耐力、、、

全てが人生において大事なことですし、何より仲間の存在というのは大学生になった今でもすごく大きいと感じています。

 

高校3年間という期間を、辛いときも楽しいときも一緒に過ごした仲間というのは一生ものですし、かけがえのない存在です。

 

是非ゲームセットのその瞬間まで真剣に打ち込んでください!!!

そうすれば、今までに手にしたこともないような素晴らしい財産がきっと手に入ることでしょう!

 

正直な話、受験勉強に没頭するのはそれが終わってからでも全然いいと思います。(あくまでも僕の持論です)

部活に妥協なく真剣に打ち込めたなら、その後に待っている辛く長い受験生活もきっと乗り越えることができます。

部活というものはそれぐらいの財産が伴っているものです。

 

 

全力で部活動に打ち込み、後悔のない高校生活3年間にしてください!

そしてすでに部活が終わってしまった人は、次の大きな目標である「第一志望校合格」に向けて共に歩みを進めていきましょう!

 

皆さんの3年間が輝かしいものになるよう、僕もこの一年全力でサポートしたいと思います!!!

 

 

過去の記事