考えすぎず、行動にうつす | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 2月 11日 考えすぎず、行動にうつす

みなさんこんにちは!

先日から春休みが始まってウキウキしてる須藤です!

3は受験真っ只中。だんだんと合否も出てきて気がきじゃない日々だと思います。過去問解いてても、頭に入ってこない人もいるのでは?

12は意外と、中だるみがしやすい時期です。ボーとしてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

「考えすぎず、行動にうつす方法」

について書いていきたいと思います!

 

-2つのポイント-

1.「今は○○」と考える

2.紙に気持ちを書く

 

1.「今は○○」と考える

数学が苦手、予定通りいかない、ぜんぜん得点が取れない、、、

などなど、結構ナーバスになることありますよね

これらについて、椅子に座って、ずーと考えても答えは出てきません!

どんどんネガティブになって思考停止になりがち、、

そこで、これらのワードに今はをつけてみてください!

数学が苦手→”今は数学が苦手

予定通りいかない→”今は予定通りいかない

ぜんぜん得点がとれない→“今はぜんぜん得点がとれない

不思議とネガティブ感がポジティブに変換されますね!

自分の伸びしろに気付けるパワーワードだと思うのでぜひ使ってみてください!!

 

2.紙に気持ちを書く

皆さん、人に相談したことありますか?

相談する時って意外と相手に話を聞いてもらいたいだけ、の方が多いんです

とりあえず話したらスッキリしたってこと、皆さんも経験ありますよね!

そゆことで、それを自己完結できるのが紙に書くという事です

紙に相談するつもりで気持ちを書いてみましょう

頭の中だけだと堂々巡りになりがちですが、紙に書くことで思考の過程を視覚化ができるので

頭の中の整理ができます!

なにが1番悩んでいるか、明確化できるので、その後人に相談しても的確なアドバイスをもらいやすいです

ぜひ、簡単にできるので、紙とペンを持ってやってみて欲しいです!

 

以上2つどうでしたか?

ぜひ、すぐ行動に移せる人になって、周りを引っ張って行けるようになってくださいね!!

3生のラストパート、気を抜かず最後までしっかりと!悩みあればすぐ相談してください!

須藤