高速基礎マスター | 東進ハイスクール 吉祥寺南口校 大学受験の予備校・塾|東京都

2024年 3月 25日 高速基礎マスター

目鼻を裸子植物に侵略されてつらい日々が続いています。

皆さんごきげんよう2年担任助手の宮路です。

とうとう3月も終わりかけで時間が過ぎるのが本当に早いなと感じます。受験が終わって大学生活を楽しみにしていたあの頃からもう3年もたちました。受験を乗り越えた生徒たちも今は新しい環境にワクワクだと思います。

さて、今回は高速基礎マスターについて話したいと思います。

自分は担当の低学年の生徒によく「マスター進めろ!英語を完璧しろ!」と言っています。きっとこれを見ている担当生はまたかと思っているでことでしょう。もう聞きたくないと、

しかし、そこまで言うからにはもちろん理由があります。それは、基礎は低学年のうちに完成させないといけないからです。そして、英語は低学年のうちに完成させないといけないからです。

これまで、卒業していった生徒達や過去のデータから1年前の状況で大体どの程度の大学に進学できるかわかってきます。その中から考えると、当たり前ですが2年のうちに基礎がほとんど出来ている生徒が圧倒的に多いです。

合格するために重要なのは相手と差をつけることです。特に演習量の差は重要です。そのため東進でも他の予備校よりも演習に通る時間が長くなっています。

しかし、基礎部分が完成していないと受験生になってから基礎を学んだあと応用を学び、演習に向かうのでワンテンポ遅れてしまいます。これは相当致命的です。例えば、都立高校は基本的に3年間かけて高校の授業範囲を終わらせることが多いので、学校のみの勉強だと演習時間が少ないです。上位の都立高校の浪人率が高いのはこれが一つの理由でもあります。

だからこそ、いま基礎を完成させましょう。

また、受験生になると英語よりもその他の科目に対する時間が多くなります。結果的に英語は他の科目に比べて点数が伸びにくいです。だからこそ、いま英語を完成させましょう。

そして、上記のような基礎や英語の完成に対して最適なものの一つが高速基礎マスターです!だから自分はよく生徒に言っています。今回のブログを読んで、今のままだとマズイと感じた人が少しでも多ければうれしいです。今からでも完成させられるように頑張りましょう!