高3でオープンキャンパスに行くのはあり?! | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 8月 3日 高3でオープンキャンパスに行くのはあり?!

こんにちは!

多くの大学生が夏休みを謳歌しているなか、ひと足遅い試験期間に入り切羽詰まっている岩里です( ;∀;)

早いもので、夏休み期間も既に1/3が終わりましたね。最後まで気合い入れて頑張りましょう!!

 

 

さて、今日は高3向けの内容です。

夏休みであるこの時期、殆どの大学がオープンキャンパスを開催しています。形式は予約必須の対面形式からオンライン形式まで様々ですが、オープンキャンパスに行くということは、受験生が最も大切にしているであろう時間を使うことになるわけです。

そこでこの時期になると「高3のこの時期にわざわざ時間を使ってオープンキャンパスに行くのはありですか?」といった質問をされることがあります(私は担任助手2年目ですが、2年連続でこの質問をされました)。

 

結論から申し上げますが、絶対に行くべきです!

 

なぜならオープンキャンパスに行くということは、その大学を受験する可能性があるということ。すなわち、その大学に4年以上は通う可能性があるからです。

ホームページやパンフレットを使えばカリキュラムや特徴的なプログラム等の情報は得ることができます。しかし少なくとも4年以上は通う可能性がある、ということを念頭において少し考えてみてください。

 

実際に大学や学部の説明を聞いて「想像していたものと何かが違う」と感じたり、設備や雰囲気も含め複数校見学した結果、「今の第一志望よりもこの大学の方が合っているかも」と感じることがあるかもしれません。思ったより家からのアクセスが悪い、ということもあるかもしれません。

しかし、これらは実際に足を運んでみないと感じることは難しいため、高3であっても興味ある大学のオープンキャンパスには絶対に足を運ぶべきだと私は思います。

もしかしたら勉強時間を削ることに不安を覚える人がいるかもしれません。しかし、どの志望順位の大学に入学したとしても、多くの人はそこで4年以上学ぶことになります。上記のような「自分の想像との乖離」に、大学に入学してから気づいても遅いのです。

 

繰り返しますが、少なくとも4年以上は通う可能性がある大学を選ぶ大切な機会です。学年なんて気にせず、ぜひこの夏はオープンキャンパスに足を運んでみてください!