高3の冬からは | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 11月 26日 高3の冬からは

こんにちは。担任助手1年の羽生です。

いくつかの大学では推薦入試も始まっており、徐々に受験ムードになってきましたね!

 

さて、本日のブログは高3の方向けになります。

過去問も終わって、演習もたくさんやる時期。こういう状況の中、センターまで2ヶ月をきったというときに、何をやるか迷ってる人、実はいるんじゃないでしょうか。

 

この時期は、苦手を潰すことができるチャンスだと考えています。まだ過去問を解ききってから時間もそんなに経っていませんね。しっかり復習もしていれば、自分の苦手なところもわかっているはずです。

苦手分野を潰す際は、できるだけこれまでに使った教材を使用しましょう(過去に受けた受講テキストや、自分でまとめたノートなど)。この時期に新しい参考書に手をつけるのはやめていただきたいです。過去に使ったものを完璧にできずして、新しいものを完璧にすることなどできるでしょうか?

 

これまでは、「いつまでに何を終わらせろー」みたいな指示がよくあったと思いますが、高3の冬以降は、やることが1人1人の判断に任されます。自分の状況が把握できていない人はマズイです。過去に解いた過去問や模試を見返してみましょう。

 

高3の方は、あと3ヶ月程の辛抱です。長いか、短いかの感覚は人それぞれですが、第一志望合格という初心を忘れず、気の緩むことがないよう、もうしばらく努力を続けていきましょう。これからでも成績はいくらでも変わります。