コミュニケーション術 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 6月 23日 コミュニケーション術

 

 

 

こんにちは!担任助手1年今井です!

 

今日は晴れてるかと思いきや、午後から雨が降ってきて嫌な天気でしたね、、

そんな今日でもブログの記事は増えていく。。

今日は昨日の出来事を書こうかと思います。(笑)

 

昨日、去年担任助手として働いていた横山さんが主催でやっている学生支援の試行事業に参加してきました!

大学生が集まってディスカッションを通して、テーマについて考えていく、というものでした。

今回のテーマはずばり

「最強のコミュニケーション術を身に付けるには」

です!!

 

 

ただそのテーマだけについて話すのではなく、90分の時間の中で5個くらいのテーマについて、時間を区切って話しました。

それも、ただ話すだけではなく、テーマごとに時間の制約(6分、10分、15分)や、いつもの1.2倍速で話す、などの負荷をかけます。

参加人数は1チーム4人のグループが3つ、計12人だったのですが、初対面の人もいる中で行いました。ドキドキでした…

 

最初のディスカッションは与えられた時間でみんながバラバラ話してしまったり

時間を図っていなかったので、司会者に残り時間を言われるまで時間の把握ができていなかったりして意見をまとめる時間がなかったり。。

 

 

司会者の方に次のことを意識するように言われました。

・言葉の定義を確認する

・役割を意識する

・根拠をつけて発信する

・意見を発散させる時間とまとめる時間を作る

 

 

次のディスカッションではそのことに意識してタイムキーパー書記仕切る人をきめて、行いました。

このようなことを繰り返して、計5回、どんどんよいディスカッションを意識してやっていきました。

 

そして、最後のテーマ、「最強のコミュニケーション術を身に付けるには、またそのメリットとは」

言われたとおりに、

まず「コミュニケーション」とはなんなのか?

コミュニケーションとは、発信力、受信力、論理的思考のことを指します。

誰のメリットなのか?

そして、それを身に付けるメリットは相手の考えていることを理解することで、価値観の幅を広げられること相手も自分のこと理解できること

2つのメリットがあるのです。

 

では論理的思考とは?ロジカルシンキングとは?相手を納得させるには?

そんなときに役立つ△ロジックというものも学びました。

それはずばり

主張、根拠、根拠の根拠

です!!!

人に自分の考えを言う際に、自分の意見をはっきりと伝えるためには、

このようなことを意識してやると伝わりやすいということです。

 

みなさんも日常生活のなかで人と話す機会も多いと思いますがその中で、

こういうことに注意しながらよりよいコミュニケーションをいけば、より良い関係が築けるのではないでしょうか。

特に東進生の皆さんは

グループ長会議という好都合すぎる機会があると思うので、ぜひグループでディスカッションをするときや、

自分の意見を伝えるときに上のことを意識していけるとよりよいものができるのではないでしょうか!!

 

私もきのう学んだことを反復してこれから自分のことをよりよく伝え、

相手のことも理解するために主張と根拠をはっきりさせようと思いました!なかなか文章が下手ですみません。

 

 

休日もあと1日ですが、全力で頑張っていきましょう!!