直前期の努力 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 12月 19日 直前期の努力

こんにちは!はやしです!

 

12月も後半になり「直前期」となった今

高3生のみなさん、
正直、モチベーションどうなってますか?
メンタルどうなってますか?


自分が受験生の時、よく周りからこんな声を聞きました


「もう浪人でいいやー」
「もうどの大学でもいいやー」


そんな諦めや妥協の声。



もし同じようなことを考えてしまっている受験生がいたら質問です



本当にそれでいいんですか?



本当にそれで納得できますか?
それで出た結果に後悔は残りませんか?





12月後半のテーマは「将来の夢」ですね!


この残り数週間の努力

が2つの側面から「将来の自分」を変えていきます。



①1つ目の側面は…
結果

結果によって
残り数週間の勉強次第で、この先何年もの人生変わります。



②そして2つ目の側面は…
努力量


最後までやりきった上での結果なら


落ちても経験が残り、
受かれば自信が残ります

努力しきれずにでた結果なら


落ちたら後悔が残り、
受かれば傲りが残ります


(これは恩師からもらった好きな言葉です)

努力量があなたの将来の気持ちを変えます!



つまりは
この残りをどう過ごすかが大事なんです


せっかくここまでやってきたんだから、
ここで気抜いて失速するなんてもったいないです…

ラストスパート!
終わりよければ全て良し!


つらいのはみんな同じです。
つらいことこそ当たり前です。

そんなとき、つらいことを言い訳に逃げるのか
つらいときこそ頑張れるのか

ここの差が
受験結果の差と受験後の納得度の差につながります


つらいときこそ
自分が一番自分を

信じてあげてください。


諦めずに最後までもがいてでも頑張れることを祈っています♪♪