みなさんに足りないものは何だろう。 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 2月 27日 みなさんに足りないものは何だろう。

 

こんにちは!!担任助手の浅井です(^^)

 

いよいよ国公立前期試験が終わりました。

高校2年生の皆さん、あと1年を切り焦っている方も多いのではないでしょうか。

 

そう、今回はそんな高校2年生、ではなくて、

「まだ、1年以上あるし。」

「部活に遊びに自分、十分忙しいっす。」

と思っている高校1年生の方!!!に向けて書いていこうと思います。

 

高校1年生の時からコツコツ机に向かって頑張る友達

高校1年生なのに受験について本気で考えている友達

周りにいますか?よっぽどの進学校ではない限り、そのような「受験生エキスパートさん」はそう多くはないでしょう。

 

しかし、少ないからと言ってあなたがその他大勢の受験についてそんなに考えていないあっぱらぱーになってはいけないのです。

では、どうしたらその数少ない受験生エキスパートさんになれるのでしょうか。

 

簡単です。あるものを兼ね備えればいいのです。

 

何かって?

 

それは圧倒的当事者意識です。

 

例えば、自分から1番遠い席に座っていクラスメイトが居眠りしていたとします。

その子が先生に怒られ、廊下に立たされてしまいました。

普通ならば「あ~あ、自業自得」くらいに思い軽く笑う程度に捉えるでしょう。

でも、このことを自分の責任だと思えるクラスメイトってとてつもなくレベルが高いと思いませんか?

「自分がもっと頑張っている姿勢を見せていればそれに感化されてみんな居眠りなどせず、机に向かえたかもしれない。」

さすがにこう考える人は数少ないと思いますが、そう考えられることで自分はもちろん、クラス単位、学年、さらには学校単位で当事者意識のレベルが底上げされると思いませんか?

 

受験に置き換えるのであれば、今の受験生を見て、なにか皆さんは感じ取ることが出来ていますか。

「お疲れ様です」くらいに思っていませんか。

そんな風に考えていてもう1年経ってしまいました。もう高校2年生になろうとしています。

しっかりと今の自分には何が必要なのか、どうすれば憧れの第1志望校に進学することが出来るのか。

今一度考え直してみて下さい。

 

受験を追えたばかりの先輩から受験勉強につい話しを聞くことが出来る合格報告会、今年も行います。

圧倒的当事者意識を持った受験生エキスパートさんにみなさんなってみませんか?