たしかなこと | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 11月 11日 たしかなこと

こんにちは。担任助手一年の森田です。

今回は主に低学年生に向けてお話ししたいと思います。10月末の決起会はいかがでしたか?担任助手や学部の紹介、新GMT発表など楽しんでもらえましたでしょうか。最後に少しお話しする時間をいただいたのですが、その際に皆さんに伝えきれなかったことが2つあるので今日はこの場を借りて皆さんにお話ししたいと思います。

まず一つ目

「勉強の成果はすぐに現れるものではない!」

今までも真剣に勉強に取り組んできた人、そしてこれから本気で勉強に向き合おうとしている皆さん。頑張ったはずなのに学校のテストや模試の点数が伸びないなと思う経験をすることが必ずあるかと思います。

科目や分野によっては成果がすぐに出る場合もありますが、勉強というものはすぐに結果に結びつくほど簡単なものではありません。

森田も実際、高2のこの時期に真剣に勉強に取り組み始め、高3の3月以降の自粛期間にも真面目に勉強していました。しかし、その頑張りが模試の結果に現れたのは高3の8月の模試で

頑張ったはずなのに結果につながらないと心が折れそうになるかもしれませんが、そこはまだ伸び代だと信じて根気強く勉強に励んでほしいと思います。

次に、

「やればできる!」

今第一志望校にに合格できるのか、漠然とした不安がある人いrんじゃないでしょうか。そんな皆さんにお伝えしたいのが「やればできる!」という言葉です。

確かに第一志望校合格は簡単な目標ではありません。しかし、皆さんが目指す大学には毎年何百人、何千人という人が合格しています。決して到達不可能な目標を目指しているわけではありません。誰でも努力次第で合格するチャンスはいくらでもあります。あとは皆さんがやるかやらないか、それ次第です。

だからこそ皆さんに伝えたい。「やればできる!」

11月の模試も終わり自分の課題もわかってきた頃かと思います。今回の模試の反省を胸に「受験生」として校舎で努力する姿を見られることを楽しみにしています!

最新記事一覧

過去の記事