受験生へ、最後の悪あがきで合格を掴み取りましょう | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 1月 28日 受験生へ、最後の悪あがきで合格を掴み取りましょう

 

皆さんこんにちは!

東進ハイスクールの山本です

 

最近急に寒さが増してきた気がしますね

受験生は特に体調管理にはくれぐれも気をつけて下さいね

 

 

さて、受験生の皆さん

いよいよ受験が始まりますね

明日が受験だという生徒も多くいますし、2/1から受験が始まる人も非常に多くいますよね

 

受験直前になって、何をすればいいのかわからなくなって、気が付いたら時間がどんどん時間が経っていたという受験生も少なくないのではないでしょうか

そうなる受験生はほんとに多くいます

 

 

この受験直前の時期の勉強は、受験校の合格可能性を高めて、合格の数を増やすことが出来る期間であります

では何を意識してやればいいのかというと、多くの人が考えるように、それは過去問であることに間違いはありません

 

問題はその取り組み方です

それぞれの大学の過去問をそれぞれ何年分ずつやっていくのかという事やいつどこの大学の過去問をやるのかという事に関してしっかりとまとめられている人はどれくらいいるでしょうか

 

一週間単位の予定だてでは過去問をやり切れずに終わることなんて容易に想像ができます

 

 

受験が終わるまであと一ヵ月もない人も多いので、残り少ない時間に何をして過ごすのかをしっかりと考える時間は取りましょう

 

ここの大学の過去問は1年分にして、その分他の大学を5年分やろうというような判断をすることも合格率を上げるためには欠かせません

そういった判断を正しくこなす為にも、一度しっかりと予定を確認をしておきましょう

合格の可能性を少しでも上げられるように最大限の努力をしましょう

 

最後の悪あがきでも結果は変わります

受験は一点を争う勝負です

補欠からの繰り上げだったとしても合格は合格ですよ

最後まで諦めずにやり切りましょう