努力量は限界ですか? | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 3月 9日 努力量は限界ですか?

 

こんにちは!担任助手2年の田辺です。

約8カ月ぶりにブログを書かせていただきますのでお時間ある方は是非最後まで読んでいってください!

 

さて、今日みなさんに伝えたいことは「限界まで努力できているか」ということです。

8カ月ぶりに校舎でみなさん生徒の様子をみていると、去年と比較して努力できている人とそうではない人の差が大きいなと感じました。

できている人は本当に素晴らしいし受験までその勢いで突っ走ってほしいと思います!!

 

しかし、できていないと感じる人は今一度自分の勉強への姿勢を振り返ってみてください。

今学校が休校になっているところが多いかと思います。その中で遊びほうけていたり、学校があるときと同じ勉強量しか確保していなかったりしていませんか??

今学校が休みということはその分の授業時間は夏にしわ寄せされるかもしれません。まとまった時間が今後いつ確保できるかわからないという今しっかりと勉強量を確保していったほしいです。

夏等にしわ寄せがきたらきっと、いや必ず「今年の夏は短かったから勉強できなかった」とか「3月にやっておけばよかった」と思う人がいると予想ができてしまうからこそそういう風にならないように勉強をしていってください!!

 

受講も1日2コマ以上できる時間はあります。高速マスターや数学計算演習もかなりの時間確保することができます。今までため込んでいた修了判定テストとかも受ける時間があります。

この時間をどう使うかはみなさん次第です。夏以降後悔しないように行動していきましょう!そんな風に動ける人を私たちは待っています!