2020年夏の最後のブログ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 8月 31日 2020年夏の最後のブログ

 

こんにちは!担任助手2年の羽生桑太です。

 

 

短い夏休みが終わりますね。

いや、夏休みなんてとうに終わってるよ!という人も少なくないでしょう。

 

コロナで教育・受験の世界にも様々な影響が出る中、「志望校合格」という目標に向かって努力できている人は、本当に素晴らしいと思います。

僕が今受験生だったら、確実に折れてます。(笑)

 

 

この夏を振り返ってみてどうでしょうか?

「全力で頑張りきれた!」という人もいれば、

「もうちょっとできたかもな…」という人もいるでしょう。

 

後者の方が多いのではないでしょうか?

僕も2年前はそうでした。

 

しかしこれはみんなに共通して言えることなのですが、

これから受験本番までに、壁にぶつかるということが絶対に何度かあります。

 

絶対です。

「思うように成績が伸びない」

「最近モチベが下がり気味」

「自分の思い描いていた通りに勉強が進まない」

こういうことはこれから絶対にあります。

 

 

ここで、優しいようで厳しいことを言います。

 

壁にぶつかるというのは、誰もが経験することです。

だから、「また失敗したし、もう自分はダメだ」なんてなる必要はありません。

前に起こったことをむやみに気にしすぎることはありません。

 

ただ、まったく気にしないのはダメです。

<正しく冷静に気にする>というのが本来やるべきことです。

「前にこういう失敗があったから、次はこういう行動につなげよう」というのが大事です。

そして、頭を動かすだけでなく、すぐに手を動かすこと。

 

後悔ではなく、行動が最優先です。

 

行動に出るのは簡単なことではないです。

簡単だったらみんなこんなに苦労しませんからね。

 

 

さあ、明日からは9月です。

まだ暑いですが、暦では秋、東進ではもう冬です。

高3にとっては、受験も後半戦突入ですね(今日で共通テストまで残り145日です)。

 

受験勉強は、本番が近くなるほど点数に響きます。

これからが本番です!

 

受かりたいなら、とにかく行動あるのみです。

ともに走り切りましょう!

 

 

夏休み、本当にお疲れ様でした。

また明日から、気を引き締めていきましょう!