9月 | 2018 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 2018年09月の記事一覧

2018年 9月 30日 アメリカ人って将来についてどうやって考えているの?〜実際にディスカッションをしてみて〜

 

こんにちは!今日は、台風直撃で大変な1日ですね。。。(どうせなら平日に来てよ!台風!と思った人、多いと思います)

 

さて、長らく校舎で私を見なかった人が多いのではないでしょうか?

なぜいなかったというと

ボストンにプチ留学に行っていた

からです。

 

今日は、その時に感じた将来のことをお話ししたいと思います。

ボストン留学に行った際、ボストン大学の生徒さんを集めて、プレゼンをしたり、ディスカッションをしたりする機会をいただきました。

私は、今ちょうど将来について悩んでいたということもあり、「キャリア」についてディスカッションをすることにしました。

 

よく、アメリカ人は「大統領になりたい!」や「宇宙飛行士になりたい」など、壮大な夢をずっと持っていると聞きますよね。

私は、それは、アメリカ人の元気な層の人たちだけではないかと思っていたので、生物を学んでいる人はどうなんだろうと気になっていました。

また、人生の満足度が日本人は約50%かなり低いのに、アメリカ人は約80%と高いのも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?それをこのディスカッションを通して知りたかったのです!

以下、数名のキャリアについて話してくれたことです。(英語が早くて聞き取れなかったところ多し。英語は勉強すべき。)

 

①女性Aさん

私は小さい頃は獣医になりたかったの。でも、映画を見てからパイロットがとってもカッコイイなと思って、そこからずっとパイロットを目指していたわ!高校入ってからもね笑 でも、視力はどうしようもないので、なんとなく学んでいて楽しかった生物を学ぼうと思ったのよ。今も楽しく学んでいるわ!

 

②男性Bさん

僕は、小さいころから生き物が大好きだったんだ!よく動物園にも行っていたよ。小さい頃から生物系に進もうと考えていたわけではないんだ。でも、好きだったから、いつのまにかここにいたという感じかな。

(この人は、この後の人生のことについて色々話してくれました)

 

③男性Cさん

僕は、恥ずかしいけど積極的に生物に進んだわけではないんだ。両親がエンジニアで、そういう分野に進もうと思っていたけど、両親から文句を言われるのが嫌で、両親の専門分野ではない生物を選んだんだ。

 

④女性Dさんの友達の話

(たまたま獣医の話に)

私の友達は、理系のどこかの大学に通っていたけど、獣医になりたいという思いが強くて、でも学費が高いから、稼いでから獣医の大学に入ったわ。すごいストイックだったよ。

 

 

こんな感じでした!ディスカッションには6名の大学院生と大学4年生の方が来てくれました。

驚いたことは、

・パイロットを目指していた人が2名もいたこと。

・本当に全員、小さい頃からなりたいことがあったこと。

・生物が好きで進んだ人は思ったより少ない。

です。

 

みんな堂々と将来について語っていました。何人か決まっていないや、なんとなくという人がいるかなと思ったのですが、いなかったです。

そして、一つ言えることが、生物に進んで後悔をしている人いないことです。

将来、決めるのって怖いですよね。でも、一旦目指してみたら、それがやりたいことになるかもしれないし、どの学部に行っても、それからの自分次第です。

将来決まっていなくて、どうしよう!という人は、一旦何かを目指してみればどうでしょうか?

それで違うなと思ったらDさんみたいに変えればいいのです。

 

将来を決めるとなんだか自信がつきます。なぜなら、明確な目標ができるからです。

将来なんて決められないよ。。。という状態をずっと続けて、なんとなく大人になるより、

一旦決めて、何かを目指して見ましょう!

 

「適当さ」「楽観的」に将来を決めているアメリカ人を見て、あ、こんなに簡単に将来を決めているんだなと実感しました。

私も、あと少しだけ悩んで、えいっと何かを目指そうかなと思います!

 

 

明日のブログは、、、

まだ大学が始まっておらず、夏休みをエンジョイしている木村先生!

お楽しみに!

 

2018年 9月 29日 大学の部活動ってどんなもの?

こんにちは! 担任助手1年の浅山です。

連日受験勉強に関する情報が続いていたので、今日は大学の部活動に関する情報をお届けします。

大学に入ると多くの学生はサークルに所属すると思います。

まずサークルの情報が分からない人は、こちらのブログを読んでください。

現役サークル‶ガチ勢″の先生からの紹介でかなり分かりやすいです!

サークルって?

 

 

ここから部活動の話をします。僕はICUのバスケットボール部で活動しています。

高校と大学の部活動の大きな違いは、本当にその競技のことが好きな人しかいない点です。

そのためレベルも非常に高く、周りとの自分とのギャップを感じ挫折してしまう人も少なくありません。

ただ支え合うことが多い分、同期や先輩との結びつきはかなり強くなります。

僕が部活に入って一番良かったと思っているところは、全力になれる環境に身を置くことができたことです。

仲間と共通の目標を持ち切磋琢磨することで生活にもメリハリがつきます。

受験生の皆さんは目の前の受験に全力で向き合っていることだと思いますが、大学に入ってからもその気持を忘れないようにしてください。

 

 

 

2018年 9月 29日 成績が劇的にのびる勉強法

成績がのびる勉強法とは、ずばり!質の高い勉強です!

 

申し遅れました、松澤です。今日は成績が劇的にのびる勉強法について書きたいと思います。

 

みなさん、勉強の量をこなすことに手一杯になっていませんか?

 

一説には第一志望合格率平均5パーセントと言われるこの時代、周りの受験生と同じ勉強では受かりません

しかし、誰もがたくさん勉強するこの時期、周りの人と勉強の量だけで差をつけるのはとても大変です。

そこで大事になってくるのが勉強の質です。

では、質の高い勉強とはどのような勉強でしょうか。

 

自分なりに質の高い勉強というものを定義してみました。

その指標は大きく分けて4つあります。

 

①目的意識

勉強をする際、何のためにその勉強をしているのかを意識すること。

 

今週の受講目標が7コマだとしましょう。

それは、7コマ受講を終わらせることが目標ですか?

それとも、7コマ分の授業内容を

理解することが目標ですか?

もっと言うと、過去問を一年分解く。これは、過去問を解いて点数に一喜一憂するためですか?

それとも、過去問を解いて、

自分が何故解けなかったのかを分析して

次に生かすためですか?

これは模試についても同じことが言えるでしょう。何のために模試をうけるのですか?

問題集を解くにしても、きっとその問題集を「解きおわる」ためにやってるわけじゃなくて

「内容を自分のものにする」ためにやっているのではないですか。

 

②スピード

問題集を進めるとき「一時間で3問」のペースのA君と

「一時間で5問」のペースのB君がいるとします。

彼らの差は能力の差だけでしょうか?

同じ能力でもこのような差が付きうるということをかんがえたことがありますか?

 

彼らの根本的な差は、

スピードを意識して勉強しているか

です。

(少なくとも今述べたいのはそういうことです)

例えば「一時間で50単語覚えて!」といわれたら

きっと一時間で50単語しか覚えないし、

「一時間で100単語覚えて!」といわれたら

100単語覚えようとその2倍のスピードで覚えるだろうし、

なんなら何も言われず時間を意識しないで

「一時間単語やって」といわれたら

30単語も覚えられないかもしれないです。

少なくとも、厳しい時間制限を木不要がある時よりは

覚えられる単語数は少ないでしょう。

ここで改めて皆さんに問いたいです。

普段から時間を意識して勉強していますか?

これを意識している人の「今日10時間勉強した」と

意識していない人の「今日10時間勉強した」の差は

内容面で恐ろしいほど大きな違いになっています。。。

 

模試などで時間が無くて点数が延びない人も、

こういった意識が普段からないことが原因です。

 

③方向性

今やってる勉強は、正しい教材ですか?

受験をするのは全員が初めてなはずです。

受験を経験した担任助手の人としっかり面談して

今必要な、正しい勉強できてますか?

(校舎には勉強の正しいスケジュール、勝利の方程式が掲示されています。見てますか?)

 

④復習

成績が延びるのは今までできなかったことが出来るようになる時。

では、一度新しい事やっただけで身に付きますか?

身につくわけがないです。

一説には新しいことは5回以上復習しないと必ず身につかないらしいです。

明らかに、点が一番のびるのは復習をするときです!

めんどくさいなどを理由に、復習怠っていませんか?

頑張っているのに落ちてしまう人と受かる人の差は

経験上間違いなく復習しているかです

 

それもそのはず、膨大な数の問題が存在する受験業界で

一度やった問題すら身についていない人が新しい問題を解けるはずもないです。

 

実は、受験において身についていなければいけない問題量、知識量はさほど多くないです。

 

新しいことに手を出さず、一度時間をかけて説いた問題は必ず自分のものにしましょう。

(復習しないなら解く意味なんてない。時間の無駄。)

 

 

以上が勉強の質について僕が考えるすべてです。

この時期の高3は皆勉強しています。人に差をつける質の高い勉強、してみませんか。

それでは、頑張っていきましょう!

 

2018年 9月 27日 勉強計画立っていますか?

 

 

きのうからめっきり寒くなりましたね、セーターを二日連続着ている担任助手1年今井です!

早いもので、もうすぐ9月が終わります。今年も残りあと3ヶ月かと思うと、あっという間ですね。。

 

今日ブログ担当だったわたしですが

ここ7日分の担任助手が書いたブログを読みながら、みんないいこと書くなぁとおもっております。

受験を経験した大学生の言葉です。わたしも共感できるので嘘はないと思うので笑、みんな読んでみてくださいね!

結構内容面白いですよ!!

 

それでは本題ですね、

今日は、これから本格的にくる受験シーズンに向けて、どのように勉強していくのかの目安を話していきたいと思います。

三年生向けの話になりますが、1.2年生の人もそう遠くない未来の話なので、読んでみて損はないかと思います。

あくまで目安なので、個々人に応じて臨機応変に目線を変えて読んでください。

 

さて、学校によりけりですが、大体の学校で行事が終わり、あと残るは受験だけ、という感じでしょうか。

でも普段の何気ない学校生活も、終わった身からすれば、人生の青春であるので、友達との他愛のない会話をたのしんでくださいね!特にJKDKはスクールライフを写真に収めてくださいね!!(笑)

 

ところで、9月からみなさん、過去問を解き始めたり、大学対策講座で答練を解き始めたりしているでしょうか?

まだ始めてない人は早急に始めてくださいね!!

(担任や担任助手とちがう計画で動いてる人は、その計画通りに動いてください!)

 

みっちり過去問を解くことに集中できるのは、10月と11月だけです!!

なぜなら

9月は答練や、大学別対策の講座、8月で埋まらなかった基礎を固めることに集中し、答練や第月別講座は10月末までに終わらせましょう!

10月から本格的に志望校の過去問を解き始め、11月も同様に志望校の過去問を解き、復習をします。文系の人は通史を年末までに2回は最低できるとよいです(回数というよりは用語などをしっかり覚えていきたい)

志望校1ランク下の大学レベル(いきたい学部)の過去問を10月~12月中旬くらいまでに5年分がおわるといいです。2ランクしたの大学は12月(テストで学校が早くおわるときおススメ)の頭に1年分くらい解いて(傾向知る程度)おくと焦らないでしょう。

 

12月頃からセンターに戻って(センターと2次の勉強の比率は志望校によりまちまち)夏には完璧にできなかったセンター科目のものを、完璧にしていきます。本番まで1ヶ月ちょっとなので、ここでいかに集中してできるかは鍵になります。

1月に入ったらごりごり演習できるように、センター科目未習はどんなに遅くても12月下旬までには終わらせましょう!!

 

長々と書いてしまいましたが、センターが終わるまでの間に2次の演習をたくさんできるのは、1011月の間だけです!

 

しかも解き始めは、完璧には解くのは難しいでしょう。特に自分の手で書く小論文や、論述形式の問題は難しいです。

過去問は基本的に復習重視で、過去問を解いて弱いとおもった分野は今まで使ってたテキストなどに戻ります。

そのあと過去問の2回目を解いて、2回目は満点が取れるようにしっかりと復習しましょう!

 

さあ、みなさん自分の手帳に大まかな学習計画は立っていますか?

10月末には自分はどうなっていないといけないですか?

10月末の全統の模試で、どの科目はどのくらい点をとらないといけないですか?

もうすぐ新しい月になりますが、その1ヶ月で自分がやりきることをきちんと明確にしてから、10月に臨みましょう!

みなさんの検討を心から祈っています!!!

 

わたしも夏休みボケから治って、しっかり頑張っていきたいと思います!一緒に二人三脚していきましょう!

明日の担当はみんな大好き松澤担任助手です!お楽しみに!!

2018年 9月 26日 大学受験に向けて準備しておくこととは?

こんにちは!
西田浩司です!!


 今日は受験勉強に向けて準備しておくことを話そうと思います。
受験に向けて準備しておくことは、勉強や願書の準備だけではありません!!コンディシ
ョンに関しての準備がとても大事だと思います。


過去問や模試でいくら点を取ったとしても、本番でその実力を出せなければ合格はしませ
ん。また、本番の試験は模試や過去問と違い独特な緊張感が醸しだされ、普段の実力を発
揮することは不可能に近いです。加えて言うと、本番の試験で自分の実力以上の力を発揮
して、奇跡的に合格することは確実にありません。つまり、どれだけ自分の実力に近い力
を出し切れるかが勝負になってくるということになります。
それでは、本番で自分の実力を出し切れるようにするためにはどうすればいいのか?


『模試を本番のような気持ちで受ける。』


ただ気持ちを入れて模試に挑むだけでは意味がありません。試験は前日から始まっている
のです。大事なのは、前日の夜ごはんです。前日の夜ごはんに胃に負荷がかかるものを食
べるのは体に良くないです。そこでおすすめなのは、お鍋です。お鍋は夜に食べやすくこ
れからの寒い時期に適した料理となります。また、当日の朝ごはんも大事です。おすすめ
なのはカレーです。カレーは割と食べやすい料理になり、また、ハーブが効いているので
頭が冷めやすい料理になっています。そして最後にお昼ご飯です。お昼ご飯後の試験はと
ても眠くなります。なので、などの目が覚めるものを食べるといいです。


これからの模試で行っていき、当日に備えることが大事になってきます。
試験に向けて準備すべきことはたくさんあるので一日一日を大事にして頑張ってください
!!!