あったらいいなに全力を | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 11月 25日 あったらいいなに全力を

こんにちは!担任助手1年の佐藤です。
今日は自分語りをさせていただこうかなと思います。

早速ですが、皆さんは私生活の全てを犠牲にしてでも何かに打ち込みたいと思ったことはありますか?私は今まで部活も、受験も、そこそこやって頑張っている感を出すのが大得意でした。しかし、大学入学から半年以上が過ぎた今、私には全てを失ったとしても注ぎ込みたいと思えるものがあります。

「早稲田祭」

祭に燃える者たちは、2日間のために1年間を費やします。私は早稲田祭運営スタッフに所属しており、早稲田祭を彩る装飾物を創る装飾チームとして活動しています。直前期は早稲田近辺に部屋を借り、毎日12時間学校に篭り、塗っていました。しかし、私がそこまで尽くしたものは、祭においてインフラ的側面を担うわけではありません。「あったらいいな」という程度のものです。

似たようなことが皆さんにも言えるのではないでしょうか。(こじつけかもしれませんが)大学受験というのはそもそも、必ずしもやらなくてはならないものではありません。皆さんにとっては当たり前に敷かれたレールだとしても、本来なら「大学受験をする/しない」という選択があり「したほうがいいな」と思うから受験をするのです。

特に受験生の皆さん。
根を詰めすぎてはいませんか?受験勉強は義務ではありません。もし本当に必要がないと判断したならいつだってやめてしまえばいい。
でも、忘れてはいけないのは「あったらいいな」程度のことに全力になる皆さんを、同じように全力で支えてくれている人がいるということです。そして皆さんはその支えの上で全力で頑張ってきました。

SEKAI NO OWARI の「サザンカ」という曲の歌詞に「ここで諦めたら今までの自分が可哀そうだと君は泣いた」というものがあります。私たち支える側からすると、これを読んでいるあなたはもう、諦めたら可哀そうだと映るくらい努力をしています。せっかく選んだ道なのだから、ここで投げ出さずに最後まで全力を尽くしてみませんか?

あと数か月、応援しています!