あと少し!!! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 1月 12日 あと少し!!!

こんにちは。

担任助手3年の青島です。

 

吉祥寺駅に毎年恒例カロリーメイトの広告が現れました。

熱い受験生応援メッセージが印象的です。

大学3年生になった今年も、この広告を見るとキュッと気が引き締まります。

 

僕が受験生だった時も、やはり吉祥寺駅のホームにはカロリーメイトの広告がありました。

センター試験を週末に控えた月曜日だった気がします。

底知れない不安感から妙に気が立っていました。

発車待ちの井の頭線の窓からホームの広告の熱い言葉が見えます。

でもこの時は、全く心に響かずむしろ苛立ちが増すばかりでした。

不安と焦燥で気が滅入っていたのだと思います。

 

直前期の受験生にとって

周囲の励ましの言葉はむしろつらいことがあります。

励ますぐらいなら、将来の保証をしてくれ!

センターがうまくいく保証をしてくれ!

と意味の分からない反抗期を密かに抱えていました。

 

家に帰っても親に当たってしまったり

ずっと不機嫌な顔をしてしまったり

 

ちょっと思い当たる人、いるんじゃないでしょうか。

 

でもちょっとだけ、グッとこらえましょう!

ふてくされたい気持ちを、当たり散らしたい気持ちを

グッとこらえましょう。

 

周囲の優しさに甘えて不機嫌になっても

自分の糧になることは何一つありません。

それよりも周囲の応援に笑顔で応えて

無理をしてでも前向きに考え続けませんか。

 

その方が絶対、幸運がやってきます。

 

この時期の受験生の精神的な経験は、その後の人格形成や、感受性に重要な影響を与えると思っています。

なので以下の詩を、紹介したいと思います。

 

自分の感受性くらい 茨木のりこ

ぱさぱさにかわいてゆく心を

人のせいにはするな

自ら水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手くそだったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもがひよわな志にすぎなっかた

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

じぶんで守れ

ばかものよ

 

私はこの詩を戒めとして生活しています。

辛くなって、苛立ったら、少し一息ついて

この詩を思い出すといいのではないでしょうか。

 

受験生の皆さん、あとほんの少しです!

がんばれ!!!