マルチタスクな人 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 6月 5日 マルチタスクな人

こんにちは。担任助手2年の高橋拓也です。
蒸し暑い日が続きますね。ジメジメした天気は嫌いです。


突然ですが高校三年生の皆さん、共通テストの過去問は捗っていますか?
恐らく、ほとんどの人がまだ始めたばっかりで、大半が終わったという人はほんのひと握りだと思います。

受講がまだ終わっていなかったり、復習がまだまだで過去問解ける段階になかったり、過去問を解いたら解いたでその復習に追われたり、、この時期、いっぱいやる事ありますよね。過去問という未知の領域に足を踏み入れるので、負担はかなり大きいかと思います。
他にも学校行事や定期テストがあったり、模試があったり。全てを両立するのは大変です。

ただ、だからといって過去問をやらないわけにもいかないですよね。


少し視点を変えて、皆さんが大学生や社会人になった時のことを思い浮かべてみてください。
少し想像するのが難しいところもあるかと思いますが、大学生になればだいたいの人はアルバイトをします。

私も、東進で担任助手として働くアルバイトの一人ですが、実に色々な仕事があります。
その他に、大学の授業や課題があり、私生活のこともあり、全てを両立するのはなかなか大変です。

このように、高校生の受験勉強だけでなく、色々なことを同時並行で進めていく(≠同時に複数の作業を進める)ことからは逃れられないのです。



ではどうしたらいいのでしょうか。


私は、「手帳にメモをする」のが良いと思います。別に手帳じゃなくてもスマホだとかカレンダーだとかどれでもいいと思いますが、自分が1番使うモノにメモをする習慣があると、キャパが増えた感じがします。


なにか進めなければいけないものが進まないのは、忘れてしまうことが1番の原因じゃないでしょうか。他に沢山やることがあって、宿題をやらないといけないのを忘れていた。だから提出期限に間に合わなかった。

人間誰しも物事を忘れます。忘れてしまうのは悪いことではありませんし、普通です。

しかし社会に出ると、「忘れた」では許されなくなるのです。そこで、自分が頻繁に見るものにメモっておけば、仮に忘れていたとしても思い出すことができます。

 

これから先、受験生の皆さんはやらないといけない事がたくさん出てきます。例えば二次私大過去問、併願校対策、弱点補強、記述の練習等。パッと思いつくだけでもこんなに出てきます。

 

一日一日を勉強に捧げるだけでも大変なことなのに、その内容まで工夫するのは容易にできることではないですが、それを必死に乗り越えた人が受験を制します。

 

応援しています。まずは共通テスト演習、がんばれ!!

最新記事一覧

過去の記事