不断前進 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 2月 5日 不断前進

 

こんにちは!担任助手2年の青島です。

 

春が次第に近づき、寒暖差が激しくなってきましたね。
試験会場に向かう朝は暖かくても、帰りは冷え込みます。
気を付けてくださいね!
ちなみに私のオススメ防寒グッズは靴用カイロです。
若い人はあまり使わないイメージがありますが
末端冷え性の方(私もそう)は是非お試しあれ!

 

 

ところで、いくつかの大学は試験が終わり
ちらほらと合格発表日を迎える人がいるはずです。
受かった人、ダメだった人
そして中にはそのどちらでもない補欠合格の人がいます。
大学によっては結果的に補欠合格者が一番多いところもあります。
誰にでも巡ってくるかもしれない補欠合格
今日はそんな
ちょっと複雑な気持ちになる補欠合格についてお話ししたいと思います。

 

 

正直、私も補欠合格でした。
続々と合否発表されていくなか
毎回自分の受験番号を見つけられず悔しい思いをしていました。
そんな中、第一志望の私立の一次を通過。
あと面接試験さえ乗り切ればいいんだ!と意気揚々でした。
後日面接も特に問題なく終わり、

多分大丈夫だろうと希望に満ちていました。

 

 

そして迎えた二次合格発表の日
恐る恐る掲示板を見ると正規合格の欄には番号がなく、
補欠合格欄にあったのです。
正直絶望でした。
こんなに頑張ったのになぜ3月末まで生殺し状態なのか
期待をさせられておいて裏切られる
最も苦しい瞬間でした。
誰にもぶつけようのない憤りと無力感は今でも忘れられません。

 

 

この先、私と同じような境遇になる人がいると思います。
そんな人たちに補欠の先輩としてひとこと

まだ不合格になったわけではありません。
希望を捨てずにいつでも電話を取れるようにしておきましょう。
国立受験を控えているなら、ここで立ち止まる場合ではありません。

 

 

私は国立に落ち、補欠のみを頼みの綱に3月を過ごしました。
地獄の時間でしたが自分でもよく耐えたと思います。
3月半ばに連絡をもらった時の喜びは言葉にできません。

 

 

受験は何があるか分かりません。
失望はしても絶望はしないでください。
尽くせる限りの策を力を尽くし、春を待ちましょう。

 

最後まで頑張れ受験生!!!