今年の秋は新たなことに挑戦しよう! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 9月 16日 今年の秋は新たなことに挑戦しよう!

長くて短いような夏休みが明け、2学期が始まりましたね

受験学年の皆さん、より一層気を引き締めて勉強してくださいね!

また低学年の皆さん、9月は学校行事等が多くなると思いますが、勉強も両立して頑張ってください!

 

今回は新学期が始まったということで、皆さんに「何か新しいことに挑戦する」ということを提案し

ます!

そんなこと言うけど実際自分はどうなんだ、と感じる方もいると思います

そんな私は実は、秋学期から大学の方でSA(Student assistant)という形で

授業行うことになりました。

授業と言っても完全に自分一人で行うわけではなく、担当の先生と一緒に授業内容を考えたりします

しかし、実際の授業を行うのは自分であり、

「楽しく、受講生がまた来たいと思えるようなクラス」を作ろうと

日々様々な工夫や施策を考えています。

では、なぜ自分がこのような形で大学の講義に携わろうと思ったのか?

それは自分自身が「常に新たらしいことに挑戦する」をモットーに大学生活を送っているからです!

授業と聞けば教授や専門の講師が行なっているケースが多いと思いますが、このように学生が学生に向かって

何かを教える機会は非常に少ないのでは無いかと感じています。

また、授業形態も受け身という形が今もなお根強く残っており

学生主体で学生自身がクラスの雰囲気を作るというケースもそう多くはないと感じています。

 

また、今回一緒に授業を担当してくださる講師の方からのある言葉が非常に心に残っています。

その先生はあるとき、「大人と学生の違いって分かる?」と自分に尋ねました

自分は「ある程度時間に縛られることがなく自由である」と回答しました。

確かにそれもそうなのですが、大きな違いとして

失敗することが許されることであると仰っていました

何かと失敗することを恐れて、挑戦しない風潮がこの世の中にはありますが、そんな選択の繰り返しでは決し

て成長することはできません。

「失敗から学ぶ」これも学生のうちにたくさん経験した方が良いことなのかもしれません。

なぜなら社会人は1度のミスが自分のキャリアの命取りになりかねないからです。

たくさん壁にぶち当たった方が、当然その壁を超えた時の達成感や次に来るであろう問題に直面した時の解決

策の選択肢が広がると改めて実感しました。

 

高校生の皆さんはまだまだ可能性が無限大にあります。少しのことで諦めずに挑戦していってください!

やらないで後悔するよりも、まずはやってみましょう!

少し話が壮大になりましたが、要するに

小さなことでもいいから、何か新しいことに挑戦した先に殻を破った真の姿があるということです

何気ない普段の生活に刺激的な変化を!

 

明日のブログ担当は樋口先生です!お楽しみに!

来月10月27日(日)に全国統一高校生テストがあります!!高校3年生は志望校など決めるのにもってこいのテストです!!自分の現状の成績をしっかりと把握してそこから万全の対策を立てられるようにしましょう!!高校2年生以下は今回、再来年から始まる新テスト形式、4技能試験の模試となっています!!さらに10月30日には公開授業というイベントがあり、この新テスト形式の問題を普段は映像でしか見られない東進の超有名講師の方に生授業で解説して頂きます!!世間一般ではまだ対策方法が確立されていないテスト形式です!!今回の全国統一高校生テストと公開授業の受験勉強に先手を打とう!!お申し込みお待ちしております!!