体調管理を最後まで | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 2月 5日 体調管理を最後まで

こんにちは!1年担任助手の丸山です。

 

さて、受験生の皆さんの半数以上はすでに個別試験を経験した頃と思います。

結果や手応えがどうであったかはもう終わったことなので無視しましょう。

 

1日にブログでも植松先生が書いていましたが、今は体調管理が特に大切です。

このブログを継続して読んでくれている方は、「体調管理の話しすぎだろ、何回目だよ」と思っているかもしれませんが、それほど重要だと思ってくださると嬉しいです。

 

前日に早く寝ることはもちろん大切ですが、逆に早く寝過ぎたりすることで生活リズムを崩し、体調不良につながることもよくあります。

さらに、今は長い受験との戦いの疲れやストレスも相まって、体調を特に崩しやすい時期でもあります。

実際、自分も緊張による腹痛で、法政大学の英語の試験中に、開始10分でトイレに行きました。笑

受験会場が大教室だったので開始10分で教室を出るのは恥ずかしかったのですが、正直それどころではありませんでした。

その後は集中して試験に挑めたので、下手に耐えて苦しまなくてよかったと思います。

このように、緊張から体調を崩すことも多いにあり得ます。

まだこの段階では試験は2回目だったので、結果的にこの後の試験に役立ちましたが、適度な緊張は必要ですが、過度な緊張は必ずほぐすようにしましょう。

緊張のほぐし方は色々あると思いますが、個人的には、聴き慣れた音楽を聴きながら使い慣れた参考書や教科書、テキスト等を見直すのがおすすめです。

緊張のほぐし方はやはり個々人にあった方法があると思うので、参考程度に留めておいてください。

 

体調管理を怠って試験後に後悔しないように、と言うと少しプレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、後悔だけはしないように、最後まで全力でやり抜きましょう!