入試本番で緊張しない方法 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 12月 27日 入試本番で緊張しない方法

こんにちは!東京農工大学4年の西田です!

今回は入試本番で緊張しない方法に関して書いていこうと思います。

皆さんは試験や大事な試合、大会、発表会の時に緊張しますか?僕はめっちゃ緊張します。そして、緊張すると何が起こるかというといつものパフォーマンスを発揮することが難しくなります。でも少しでも緊張が緩和できたらめちゃめちゃいいですよね。緊張を緩和させる方法3つ紹介していこうと思います。

①自分に自信を持つこと

緊張をするのは不安があるからです。まずは自分に自信を持ちましょう。手っ取り早いのは、自身が持てるほど勉強することです。どんな問題が出ても自分なら大丈夫、これならできる、と思えるほど勉強すれば自身はおのずとつきます。

かといって不安はあるし、緊張はしますよね。その時は、自分はできる、自分はできると言い聞かせてみてください。自分に言い聞かせることで自身も沸き、できるような感覚を覚えます。くぁえて意外に緊張が緩和されます。

 

②自分だけのルーティーンを作る

自分だけのルーティーンワークを作ることで緊張を緩和させます。ルーティーンワークとはいつも何かをやるときはこの行動をするという習慣みたいなものです。例えば、試験前は必ず肩を回すなど自分だけのルーティーンワークを身につけましょう。そうすることで、普段も同じ動きをしているので試験という違う雰囲気の中でも、最大限自分の雰囲気をつくることができいつも通りの自分を出すことができます。

 

③自分を俯瞰する

今自分が緊張していることを俯瞰することが大事です。緊張しているからと言って緊張しちゃだめだと考えると逆に緊張するものです。だからこそ、自分今緊張しているなと思って前向きになるのがいいと思います。また、教室の後ろで全体を見るのも効果的です。周りの人はこんな感じなんだ、意外にみんな緊張しているなと思えると自然と緊張も解けてきます

 

さて今回は3つほど緊張を緩和させる方法を紹介しましたがどうでしょうか。正直緊張はします。なので自分の実力の80%でも大丈夫なように勉強しましょう!!!