受験生、君たちは本当にすごい! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 2月 23日 受験生、君たちは本当にすごい!

おはようございます!吉祥寺校担任助手の羽生です。

 

国公立大入試の二次試験の前期日程が、ついに日後に迫ってきました!

最近は担任助手の感動的な受験生応援ブログがたくさん投稿されていますね。それらを読んでると、大学生である自分もなぜか泣けてきてしまいます笑
本日は拙い文章ながらも、受験を間近に控えた人たちに僕からもエールを送らせていただきます。

 

突然ですが、
僕は受験生の皆さんを尊敬してます。

大学受験をする高校3年生は、一年間ないしはそれ以上の時間を「受験生」として過ごしてきました。
高校生は若く、体力も人生でピークであり、本来なら体を動かしたり遊んだりとしたくなる時期なんです。
そういう時期の大部分を受験勉強に捧げるという決断をし、それを実行に移すというのは、本当にすごいことだと思います。
だから、僕はそんな受験生を心から尊敬しております。

 

受験勉強は、自分で考え努力する機会を与えてくれます。
自分で考え努力する。
これから大学生になり、社会に出てから幾度も経験することになるでしょう。
それを先取りして経験している受験生は、本当にかっこいいと思いますね。

 

結果はまだ出ていない段階だとしても、とにかく「自分はすごいんだ」という自信を持ってください!
受験勉強という大きな試練に立ち向かい、それがもうすぐで終わる段階まで来たのですから。

 

ただもちろん、結果も伴えばもっとすごい!笑
だから本番の日に試験会場で、「関係ないものはしまってください」と言われるまでは全力で勉強してほしい!
試験が始まってわからない問題があっても、全力で点数をむさぼりに行ってほしい!

僕は1月最終東大模試でE判定を取り、二次試験当日には最初の科目である国語で大失敗をしました。
にもかかわらず僕がいま東大生として担任助手でいられるのは、試験開始直前まで地歴の参考書を目に焼き付け、数学では「何が何でも3問完答してやる!」とシャーペンを動かす手を休めなかったからだと思います。
結果、数学と地歴では自己最高水準の点数をとり、合格することができました。

本番ではどんな奇跡が起こるかわからない。ただその奇跡は、全力で最後まで努力をしてこそ起こり得る。
そう思っています。

 

これまで努力してきた皆さんならできる、と信じてます。
終わったら、またゆっくりお話しましょうね。

がんばって。

 

羽生桑太