名将になる。 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 10月 5日 名将になる。

皆さんこんにちは!担任助手の澤木です!

最近コロナがなかった場合の世界線が見てみたいと強く思います!どんな大学生活送ってたんだろう、、、(笑)

そんなことはさておき、本日は少々重い話をするかもしれませんが大切だと思うことを書いたので読んでいってください!

皆さん自分が大学受験をして結果を見たときの気持ちって想像できますか?

受験は中学受験や高校受験など人生で必ず一回はすでに通ってる道ですよね。その時の結果はどうでしたか?覚えていますか?

自分はよく覚えています。

1年の担任助手の中だと珍しいのですが、高校受験をしました。

近くて頭の良い私立高校を第一志望に設定しました。

塾にも行って何とかついていこうとしましたが、第一志望には届かず。

第一志望に行きたい気持ちが結構あったために、すごい虚無感に襲われたとともに、今までにないくらい悔しい思いをしたのを覚えています。

しかし、高校ではそれをバネにして、楽しんで、大学受験に取り組もうと思いました。

高校生活は楽しく、あっという間に過ぎていきました。

高校受験の時の失敗を活かして、今考えるとそれでも比較的遅いほうなのですが、高2の1月から受験勉強を始めました。

第一志望には結果的に合格できませんでしたが、第一志望群として設定していた大学には合格でき、それ以上に大切な何かを学べた気がします!

失敗から学べることってすごく多いと思います。自分も大きな失敗をしましたが利用して頑張りました。

しかし、当たり前ですがその失敗から学ぼうとしないと何も得られません。

しっかり何が悪かったか分析して、それを意識しながら修正して行かないといけません。

受験だったら模試や過去問が失敗を見つけるすごく良い機会であり、その復習が1番学力を伸ばすと受験を経験してきて個人的には思いました。

特に高 2年生以下は過去問などやってないと思うので模試は重宝して欲しいです。

前回のブログの話とも重なりますが、量や質もかなり重要ですが、戦略もかなり重要です。

まあ、質や量がある程度あっての戦略でもありますが、、、。

歴史上の名将も、質や量で劣っていても、戦略を立てて、使えるものは全て使って勝利を収めています。

しかし、戦争と違って受験は質や量も自分次第で増やせます。つまり完全無欠の軍隊に成り上がることだって可能です。

高3生はあと4ヶ月、高 2生は1年4ヶ月ありますが1年4ヶ月でもやることはいっぱいあります!戦略を立てながら質、量を増やしていけば絶対大丈夫です!

一緒に頑張っていきましょう。