地獄 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 9月 18日 地獄

こんにちは、担任助手の丸山です。

 

9月も後半に入り、文化祭などのイベントがそろそろ終わる頃だと思います。

受験生の皆さんは、高校生活の最後のイベントが終わってしまった、という方が多いと思います。

自分の高校生活を振り返ると、やはりイベントは良い思い出として記憶に残っています。

この時期の心境としては、文化祭が終わり、この先は地獄だな、と思っていました。

 

実際、受験生にとって、この先はさらにキツくなります。

模試が残り2回しかなく、その中で結果を残さないといけない、などの焦りや、自分の実力が伸びていないのではないか、との根拠のない絶望に襲われることが多いです。

ただし、この状況はどの受験生にも共通していることでもあります。

例えば、自分の隣で勉強している受験生も、気丈に振る舞っていても、内心では焦燥感でいっぱいだったり、自分の成績に絶望しているかもしれません。

こういった中で、他の受験生と差をつけるには、自分で自信をつけるしかありません。

所詮は他人なので、親しい友達や家族、我々担任助手は、自信をつける手助けしかできません。

だからこそ、自分でやっていくしかないのです。

みなさんは、手っ取り早く自信をつけるための方法として、具体的に何が思いつきますか?

 

ここでは、一例として、弱点補強をあげます。

それこそ、今メインで促進されている単元ジャンル演習ですね。

前置きが長くなりましたが、使い方に関しては、9月11日のブログで紹介されているので、使いこなしたい人はぜひ見てください!

単元ジャンルの虫になる

 

さて、低学年の皆さんですが、受験生の時にこのようなキツい思いはしたくないと思いますよね。

自分が低学年であればそう思います笑

そのような皆さんに質問ですが、受講は進んでいますか?マスターは進んでいますか?

 

受験生のこの時期になると、マスターや通期受講をやってる時間なんてさらにありません。

やってて当たり前です。

また、受講はもちろんのこと、マスターもやっておいてよかった、と思うことが多いです。

このようなことは受験が終わってから気づくことが多いので、今はわからなくてもひたすらやってみてください。

絶対に後悔することはないです。

今後の受験生生活の中や後で後悔したくない方は、必ず今のうちにやっておくことをお勧めします。

 

受験生と低学年ではやることが変わってきますが、どちらもやらなければならないことです。

後悔しないように頑張りましょう!

 

過去の記事