夏休みに少しでも楽をするために 〜受験生向け〜 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 6日 夏休みに少しでも楽をするために 〜受験生向け〜

こんにちは、東進ハイスクール吉祥寺校の樋川です。

受験の天王山と呼ばれる夏休みが、もうすぐやって来ます。

単刀直入に言いますと、夏休みとは志望校の過去問を解くためにあります。ゆっくりじっくり時間をかけ、思考回路を志望校に合わせてチューニングしていくのが夏休みです。夏休みが終わってしまえば、学校が始まって忙しくなり、次にまとまった時間が取れるのは冬休み。つまり、志望校の過去問を解くのは、夏休みしかないと言っても過言ではありません。つまり、夏休みは過去問でとても忙しいのです。

そんな忙しい夏休みに少しでも楽をするために。今やっておくべき勉強をお伝えします。

 

① 基礎学力を志望校レベルに引き上げる

基礎学力が志望校レベルに達していないと、過去問の復習がとても大変になってしまします。4割間違えた問題と、3割間違えた問題。どちらの復習の方が楽かは言うまでもありませんね。それだけではなく、学力が問題のレベルに達していないと、過去問を解く効果自体が薄くなってしまいます。

 

② 共通テストを解き進める

夏休みは、志望校の過去問を解く時期。過去問だけに集中できるように、夏休み前に共通テスト10年分を解き終わることができるよう、計画的に取り組みましょう。傾向をしっかり体に叩き込み、更なる得点向上を目指すため、分析ノートなどを作るといいでしょう。

 

さて、ここまで夏休みに少しでも楽をする方法をお伝えしてきましたが、楽をした分の余力はどうすればいいのでしょうか。

答えは簡単です。

志望校の過去問に注ぎましょう。

つまり、結局夏休みに楽をすることなどできないのです。

 

この話を聞いて、焦り出した人もいるかもしれません。しかし、これはあくまで理想です。計画より遅れている人は、巻き返せるようがんばりましょう。

みなさん、最後の夏休み、悔いのないように全力を注ぎましょう!

 

最新記事一覧

過去の記事